企業が不満を募らせる「期待外れスキャナー」のがっかりポイントペーパーレス化の第一歩「スキャナー」の役割【中編】

企業が使うスキャナーにはさまざまな機能が求められる。ただしある調査によると、スキャナーに不満を抱いている企業は少なくない。何が不満の原因なのか。

2023年07月07日 05時15分 公開
[Louella FernandesTechTarget]

関連キーワード

業務プロセス | 業務効率


 オフィスのペーパーレス化を進める上で重要なのがスキャナーだが、調査会社Alumen Consulting(Quocircaの名称で事業展開)によれば、企業はスキャナーに対してさまざまな不満を抱いている。企業はスキャナーに何を求めているのか。

企業ががっかりするスキャナーの特徴

 企業は、スキャナーの機能を備えた複合機をオフィスに設置していることが一般的だ。企業のスキャナーは、以下のようにさまざまな文書をスキャンする役割を担っている。

  • 大量の文書
  • さまざまな紙のサイズを使った文書
  • ピントの調整が重要な文書

 スキャンをするだけでなく、光学文字認識(OCR)技術をスキャナーに組み合わせて使うこともある。こうして企業の要件は一様ではないため、スキャナーに不満を抱きがちだ。

 Quocircaは2022年9月、企業のペーパーレス化に関する調査レポート「Scanning as an enabler for digital transformation」を公開した。調査対象になったのは英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの組織に属する508人だ。この調査では、33%の組織が「給紙ミスや紙詰まり」、26%が「スキャナーの読み取り速度が期待外れ」、22%が「スキャンした画質の低さ」をスキャナーの課題だと回答した。

 同調査によると、企業がスキャナーを購入する際のポイントとして、45%の組織が「高速であること」と「組織で使用しているITシステムと連携できること」、44%が「画質」を挙げた。


 後編は、企業がスキャナーを選定する際に注目すべきポイントを探る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。