2023年07月25日 05時15分 公開
特集/連載

インド州政府が「地理情報の活用」で生んだ数字だけではない成果 何が可能に?オープンソースが水をきれいにした?【後編】

インドのアーンドラ・プラデーシュ州は給水パイプライン情報のデジタル化に成功した。モバイルアプリケーションやビッグデータ分析などにより、プロジェクト期間やコストを削減するなど、さまざまな成果を生み出した。

[Edwin YappTechTarget]

 インドのアーンドラ・プラデーシュ州およびアーンドラ・プラデーシュ宇宙アプリケーションセンター(APSAC:Andhra Pradesh Space Applications Centre)は、農村部の給水パイプラインに関する情報のデジタル化に取り組んだ。

 このプロジェクトの実施以前、パイプラインの地理情報や建物情報などは手書きでしか残されていなかった。APSACとGIS技術プロパイダーIndtrack Technologyは、共同で開発したモバイルアプリケーションと地理空間技術を組み合わせて、手書きの地図をデジタル地図に変換することに成功。同プロジェクトは数値で測定可能なメリットの他、数値には表れないメリットをもたらした。

数字だけでは測れなかった成果とは

 GPSによる図形データを手作業で編集する方法と比べて、GISデータを使ったことでプロジェクト期間は30カ月から7カ月、コストは30万6000ドルから12万2000ドルまで削減できた。

 同プロジェクトがもたらした成果はそれだけではなかった。その一つが、給水パイプラインに関するデータをリアルタイムに収集して承認する機能を実装したことだ。これによって、給水パイプラインに関する活動を監視する際の透明性が向上し、意思決定や計画策定、保守、リスク管理の効率が改善した。

 GISデータを利用するためのシステムは、インド内の他の地域や州の関係者も利用できる。「提供してもらった資金と、プロジェクトに参加した関係者の熱意が、給水パイプラインプロジェクトを成功に導く大きな力になった」。ASPACの副会長スンダル・バラクリシュナ氏はそう述べる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...