TechTargetジャパン

技術文書
イーサネットスイッチによるIP電話実装のシナリオ
 イーサネットスイッチによるIP電話の最適な実装を実現する機能とは何か。IP電話とエンドホスト(デスクトップ/ノート・パソコン)を共存させて導入する方法はその一つだろう。基礎知識としてLLDP、LLDP-MEDを理解することも忘れてはいけない。 本ホワイトペーパーでは上...(2009/4/24 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
コンタクトセンターの機能をクラウドで統合、電話システムはどう変わる?
 IP電話による内線電話網(IP-PBX)を利用して通信費の節減などを図る企業は多いが、昨今はFAXやボイスメール、電子メールなどにも連係するクラウド型のIP-PBXが注目されるようになってきた。 例えば、コンタクトセンターには、ACD(着信呼自動分配)、CTI(コンピュー...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2016/11/29 提供:ニフティ株式会社)

レポート
中小企業トレンド調査:今後3年のバックアップ/リカバリー情勢をデータで読む
 データの保護は企業の規模を問わず重要な課題だが、中小規模の企業では大企業に比べて変化への対応が遅れる傾向がある。クラウドや仮想化の役割などのデータ保護慣行についても少しずつ変わり始めているが、現在の中小企業の状況はどのようになっているのだろうか。 最...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
アップデートで大幅な強化、バックアップ製品は新機能でどう変わるのか?
 バックアップツールは、仮想化やクラウドといったシステム形態に合わせた新たなニーズを取り入れながら、信頼性を向上させ続けている。そのバージョンアップでは、強力な新機能が登場し、パフォーマンスを大幅に向上させることも多い。 例えば、定番バックアップ製品で...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
【企業向けIP電話】 .Phone IP Centrex のご紹介 〜VPN×VoIPで音声NWの最適解へ
拠点同士の通話を無料化して経費削減し、モバイルやボイスメールで業務効率化を実現する最先端のIP電話環境を紹介。キャリアセントレックスにも、ユーザー所有のIP-PBXによる自営セントレックスにも対応する。NTTコムの企業向けIP電話サービス『.Phone IP Centrex』は、大...(2007/1/18 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2016/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
事例で解説――ネットワークの3大トラブルを素早く切り分ける、監視のポイント
 ネットワーク管理者に大いなる心労をもたらす、ユーザー部門からの曖昧なトラブル報告。断片的な現象の報告と、勝手な推測を押し付けられ、どこから着手していいのか途方に暮れる管理者も多いはずだ。 しかし、トラブルの報告がある以上、ユーザーの訴えを無視するわけ...(2016/8/5 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

事例
通信費削減だけじゃない。7社の事例で分かるIP-PBXの導入メリット
 拠点間通話をはじめとする通信費の削減、スマートフォンの業務活用の推進、業務システムと連動した営業活動やコールセンター業務等の効率化など、IP電話による内線電話網(IP-PBX)に注目が集まる。 本資料は、実際にIP-PBXを導入した企業7社の事例を紹介する。顧客管...(2015/4/9 提供:株式会社オフィス24)

事例
NTTぷららが5つのデータベースを仮想統合、総コスト60%削減と同時に性能や機能は向上
 590万人を超える会員を有するNTTぷららでは、90チャンネル以上を放映するテレビ配信をはじめとして、音楽配信やクラウドゲームなど、多種多様なサービスを提供している。事業拡大に従ってシステムが複雑化、大規模化したことからサーバ仮想化を実施。その一環として、コ...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

製品資料
スマホ内線化で何が変わる? 次世代IP-PBX導入のメリットを探る
 スマートフォンをはじめとするモバイル端末の業務活用や、拠点間通話などの通信費削減、組織変更などオフィスレイアウト変更に伴うコスト削減の切り札として、IP電話による内線電話網(IP-PBX)を検討する企業も多いだろう。 本資料は、社内のPCやモバイル端末、電話機...(2015/4/9 提供:株式会社オフィス24)

技術文書
今さら誰も教えてくれない「正しい物理インフラ構築・管理・作業の方法」
 物理インフラはデータセンターやサーバルームのネットワークやシステムそのものを支える基盤であり、その品質はそのままITシステムの信頼性を左右する。例えば、LAN配線の設置が乱雑な状態であると、その後の取り扱いが面倒になるだけでなく、セキュリティレベルの低下...(2016/3/1 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

製品資料
スマートフォンやタブレットと連携して、今すぐ始められるコミュニケーション改革
 スマートフォンやタブレット端末の浸透で、従来よりもはるかに低コストでビジネスコミュニケーションのレベルを向上できるようになった。社内でのボイスメール、電話会議、転送機能はもちろん、外出先や在宅ワーク中でもこうした機能を使うことができ、さらにチャットや...(2015/12/18 提供:日本アバイア株式会社)

事例
猛威を振るったハリケーンに耐えた企業が示した「災害耐性を高める」5つの教訓
 大規模な災害はもちろん、小規模のものであってもシステムがダウンする危険性は十分にある。数センチの浸水により、電源システムが機能しなくなったり、通信回線が不通になったり、広域の停電が発生するなど、ケースはさまざまだ。大事なポイントは、システムの破壊もし...(2015/11/17 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

事例
「ひかりTV」サービス基盤を支える「NGINX Plus」汎用サーバを利用することで大幅に導入コストを削減
 NTTぷららが提供する「ひかりTV」は、2014年内にも300万会員を突破する勢いの成長著しいサービスだ。テレビ放送、ビデオ(VOD)、ゲーム、ミュージック、ショッピング、ブック、カラオケ、アプリなどを包括したエンターテインメントのマルチサービスに発展。また、2014...(2015/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
「Windowsタブレット」はどこまで広がるのか? 企業の関心と最新動向を調査結果で示す
 業務の生産性向上などで当たり前になりつつあるスマートデバイスの社内利用。しかし、実際に導入しようとするとさまざまな問題が浮上する。TechTargetジャパンではスマートデバイスの業務利用に関する課題と解決策を探るため、読者調査を実施した。 調査で聞いたのはス...(2015/10/14 提供:株式会社 日本HP)

レポート
スマホが電話に早変わり、先進事例で分かる「ソフトフォン」のススメ
 スマートフォンやタブレットを業務で利用することは、もはや当たり前となっている。社内外で働く従業員が端末や場所に関係なく、1つの電話番号を使えれば大きなメリットがある。スマートフォンをまるでオフィスの電話のように使えるのだ。 実際、こうしたソリューショ...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
スマートフォンIP電話サービスのコスト比較表
 本コンテンツでは、主要なスマートフォンIP電話サービスについて以下の情報を掲載している。参考として、携帯電話事業者が提供する標準的な料金プランと、長時間通話向け料金プランも併せて掲載した。スマートフォンIP電話サービスを検討する上での参考にしてほしい。・...(2012/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
毎日データ保護、ファイルの「消えた・違う・見つからない」がなくなる
 日々の業務の中で発生する、さまざまなファイル管理に関する課題を抱えている組織は多い。組織単位での運用ルールで対応しているケースもあるが、根本的な解決策とはならない。 こうした場合、自動でデータ保護をするクラウドサービスの導入は、解決策の1つとなり得る...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
ディスク容量の重複排除率89% 重複排除バックアップを選ぶ「3つの理由」とは
 クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータと、新しいビジネス要求に対応するための新たなインフラ導入が進んでいるが、データ量の増大は近年のITシステム運用の大きな課題だ。また、データのバックアップや災害対策はますます重要となっている。 本資料では、重複...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

レポート
データセンターやサーバルームを安定稼働させるためのLANケーブル配線ハンドブック
 データセンターやサーバルーム内の管理において、電源や空調など設備同様に重要なのが、ネットワークケーブルや配線ルートなどの物理インフラだ。ケーブリングの品質がデータセンターやサーバルームの信頼性・品質に直結する。データセンターの安定稼働には、長期的な視...(2015/7/28 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

製品資料
【企業向けIPケータイ】.Phoneユビキタスのご紹介 〜外出先でIP電話の通話料を実現
 NTTコムの企業向けモバイルIP電話サービス『.Phoneユビキタス』は、日本全国のウィルコムPHSサービスエリアで使えるIPケータイサービスである。 PHS端末からの発着信がIP電話の050番号で行えるため、オフィスに導入したNTTコムのIP電話サービス「.Phone IP Centrex」や...(2010/1/18 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
デスクトップ仮想化を成功させる、ハードウェア&シンクライアント選定
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の採用を検討している企業は、VDIプラットフォームを運用するハードウェアを選ぶ際に注意する必要がある。 仮想デスクトップのパフォーマンスは、使用するハードウェアのパフォーマンスに大きく左右される。VDIのパフォーマンスに関連...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

事例
日本郵便がクラウド型PBXとナビダイヤルで得た想定外のメリットとは?
 PBXの維持運用や改修工事にかかわるコストは、以前から企業にとって大きな課題となっている。日本郵便は、資金管理業務のセンター集約に伴い、問い合わせの受付をセンターに一本化する。だが、一部業務は支社が行うため、窓口が2つ存在することになり、現場に新たな業務...(2015/1/15 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
広域多拠点の無線LAN導入をクラウド管理で低コスト化
 タブレットやスマートフォンの利用拡大に伴い、業務利用のワイヤレスデバイスは、急速に増加している。これら機器を収容する無線LANシステムは、運用管理や通信品質、セキュリティなどの面から、コントローラー型製品による集中管理が望ましい。だが、導入の複雑さ、導...(2015/2/16 提供:ネットワンパートナーズ株式会社)

製品資料
Notes/Dominoの「次の一手」──クラウド&モバイル時代のコラボレーション
 「クラウド」「モバイル」「ソーシャル」がコラボレーションの在り方を変えている。これまでと異なるのは、この3つの要素が連携してより大きな変化を起こしていることにある。「クラウド」によりグローバルで迅速なシステム展開が可能になり、「モバイル」がそれを利用...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading