TechTargetジャパン

技術文書
イーサネットスイッチによるIP電話実装のシナリオ
 イーサネットスイッチによるIP電話の最適な実装を実現する機能とは何か。IP電話とエンドホスト(デスクトップ/ノート・パソコン)を共存させて導入する方法はその一つだろう。基礎知識としてLLDP、LLDP-MEDを理解することも忘れてはいけない。 本ホワイトペーパーでは上...(2009/4/24 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
EDIシステムに迫りくる「2024年問題」――情シスを救うその解決策とは?
 日本電信電話(NTT)は、2024年に固定電話のバックボーンを従来の固定電話網からIP電話網に切り替えると発表している。これに伴い、ISDNのサービスも終了するが、多くのEDI(電子データ交換)システムがISDNを利用しているため、そうしたシステムを利用している企業はIP...(2017/11/1 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

製品資料
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は?
 クラウドCTIの構築を検討する場合、コールセンターシステムと電話回線をセットで用意する必要がある。また、実際にシステムを運用する際に重要なのが、コールセンターシステムが高機能であることと、ランニングコストをいかに安く抑えるかだ。 そこで検討したいのが、P...(2017/5/19 提供:NSSホールディングス株式会社)

レポート
豊島区が実現した「情報共有における脱メール」 UCが変えたワークスタイルとは
 近年、ワークスタイル変革がうたわれ、コミュニケーション方法を見直している企業は少なくない。その中「メール」は組織内外とコミュニケーションをする重要なツールだ。しかし、次から次へとメールが届いてしまい、処理がしきれないという経験をしたことはないだろうか...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

技術文書
システム停止を防ぐ、高信頼性のLAN配線構築に必要なものとは?
 システムのパフォーマンスにおいて、LAN配線などの物理層の重要性があらためて認識されつつある。実際、ネットワーク問題の過半数は配線に起因している。この物理層のトラブルを未然に防ぐには、ネットワーク構築時に伝送・配線規格に則したLAN配線の認証試験を行うこと...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

製品資料
PHS終了にどう備える? 官公庁や大手企業も注目するセキュアBYODとは
 国を挙げてのワークスタイル変革の推進、目前に迫ったPHSのサービス終了、相次ぐフィーチャーフォンの生産終了を背景に再注目され始めたBYOD(私物端末の業務利用)。かつてはセキュリティなどの面から採用を断念する企業も多かったが、近年は、導入支援サービスも充実...(2017/6/8 提供:楽天コミュニケーションズ株式会社)

プレミアムコンテンツ
「組み込みLinux」開発の基礎
 組み込み機器へ搭載されているLinuxを一般的に「組み込みLinux」と呼び、従来のPCなどで稼働させているLinuxとは区別した表現が使われています。ただし、Linuxと組み込みLinuxに明確な違いがないのも事実で、ある程度環境が整った状態であれば、特に意識せずとも組み込...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
パブリッククラウドの契約書で絶対に確認したい“データ保存”の落とし穴
 近年、ビジネスのあらゆる面で活用されるようになったパブリッククラウドサービス。重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることが多いが、中には自社の要件と契約内容が一致しないまま契約に至るケースが見られる。 パブリッ...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと
 クラウドへの切り替えを目指す企業は、まず、オンプレミスのセカンダリーデータをクラウドストレージへ移行しようと考えるだろう。しかし、ペタバイト単位のデータをクラウドへ送信するということは、安易に決めてはいけない。インフラが、オンプレミス、クラウド、仮想...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
ビジネスを強くする法人向け格安SIMを探せ
 スマートフォンの関連書籍や宣伝で「格安SIM」という言葉を見聞きする機会が増えている。SIMはスマートフォンに組み込んで通話やデータ通信を行うために必要なICカードだ。NTTドコモにau(KDDI)、そしてソフトバンクモバイルの主要移動体事業者だけが販売していた当時...(2017/4/10 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コンタクトセンターの機能をクラウドで統合、電話システムはどう変わる?
 IP電話による内線電話網(IP-PBX)を利用して通信費の節減などを図る企業は多いが、昨今はFAXやボイスメール、電子メールなどにも連係するクラウド型のIP-PBXが注目されるようになってきた。 例えば、コンタクトセンターには、ACD(着信呼自動分配)、CTI(コンピュー...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

レポート
約9割が「FAXはなくならない」 コクヨの独自調査で見る帳票業務効率化のカギ
 注文書などの帳票のやりとりでは、今も現役の通信手段として使われている「FAX」。製造業・流通業の受発注業務に関わる担当者などを対象に行った調査によると、約9割の企業が「FAXはなくならない」と回答したという。 もちろん、FAXや紙の帳票をなくして送受信を電子化...(2017/3/29 提供:コクヨ株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2017/3/17 提供:ニフティ株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:NTTテクノクロス株式会社)

レポート
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境
 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

講演資料
Skype for Business Onlineで社員の働き方が変わるツボ、教えます
 育児や介護をしながらの労働を可能にし、生産性も向上させようと、政府が積極的に推進している「働き方改革」。その実現には社内制度とツールが重要な要素となっている。誰かに急用が起きても、チームや部署内で業務のカバーをしあい、弾力的な働き方ができる、そんなコ...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
なぜ手を付けないのか? クラウドの利便性を電話やPBXにも
 音声コミュニケーションの手段として長年使われ続けてきたのが電話だ。クラウドやモバイルといったITの中でも、今なお20年前とほぼ同じPBX(内線交換機)を利用している企業は少なくない。例えば短縮ダイヤルの管理すら高い費用を払って業者に頼らなければならず、不便...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2016/11/29 提供:ニフティ株式会社)

レポート
中小企業トレンド調査:今後3年のバックアップ/リカバリー情勢をデータで読む
 データの保護は企業の規模を問わず重要な課題だが、中小規模の企業では大企業に比べて変化への対応が遅れる傾向がある。クラウドや仮想化の役割などのデータ保護慣行についても少しずつ変わり始めているが、現在の中小企業の状況はどのようになっているのだろうか。 最...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
アップデートで大幅な強化、バックアップ製品は新機能でどう変わるのか?
 バックアップツールは、仮想化やクラウドといったシステム形態に合わせた新たなニーズを取り入れながら、信頼性を向上させ続けている。そのバージョンアップでは、強力な新機能が登場し、パフォーマンスを大幅に向上させることも多い。 例えば、定番バックアップ製品で...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

事例
ビッグデータ活用事例 - 株式会社NTTぷらら
「どんなによい分析をしても、その後の施策の展開がなければ意味がありません。ターゲットを特定して分析を実施し、効果を検証しつつ、さらに改善を図っていく。そして、分析で得られた知見をいかにビジネスに結びつけていくのかという視点が大事です。」と、語る技術開発...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
【企業向けIP電話】 .Phone IP Centrex のご紹介 〜VPN×VoIPで音声NWの最適解へ
拠点同士の通話を無料化して経費削減し、モバイルやボイスメールで業務効率化を実現する最先端のIP電話環境を紹介。キャリアセントレックスにも、ユーザー所有のIP-PBXによる自営セントレックスにも対応する。NTTコムの企業向けIP電話サービス『.Phone IP Centrex』は、大...(2007/1/18 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2016/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
事例で解説――ネットワークの3大トラブルを素早く切り分ける、監視のポイント
 ネットワーク管理者に大いなる心労をもたらす、ユーザー部門からの曖昧なトラブル報告。断片的な現象の報告と、勝手な推測を押し付けられ、どこから着手していいのか途方に暮れる管理者も多いはずだ。 しかし、トラブルの報告がある以上、ユーザーの訴えを無視するわけ...(2016/8/5 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

Loading