2015年09月18日 13時00分 公開
特集/連載

サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Google Apps | Windows 10 | ANA(全日本空輸)


サボり癖がある部下はこう監視せよ

photo Slackの公式Webサイト《クリックで拡大》

 編集部お薦めの記事は、3位の「これはチーム作業がはかどる――チャットツール「Slack」が絶賛される理由」です。OSと作業環境の多様化によって、共同作業が煩雑になる場合があります。米Slack Technologiesの「Slack」は、この状況を変えられるかもしれません。Slackを使用すると、Webページを通じてチームの共同作業に使用できます。また、シンプルな設定によって、ファイルは確実に共有されるため、誰かが仕事をサボることはないとのこと。今回は、組織内のコミュニケーションや共同作業がはかどるツール導入に関する記事を紹介します。

Gmail移行のきっかけはさまざま

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...