2015年09月18日 13時00分 公開
特集/連載

サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Google Apps | Windows 10 | ANA(全日本空輸)


サボり癖がある部下はこう監視せよ

photo Slackの公式Webサイト《クリックで拡大》

 編集部お薦めの記事は、3位の「これはチーム作業がはかどる――チャットツール「Slack」が絶賛される理由」です。OSと作業環境の多様化によって、共同作業が煩雑になる場合があります。米Slack Technologiesの「Slack」は、この状況を変えられるかもしれません。Slackを使用すると、Webページを通じてチームの共同作業に使用できます。また、シンプルな設定によって、ファイルは確実に共有されるため、誰かが仕事をサボることはないとのこと。今回は、組織内のコミュニケーションや共同作業がはかどるツール導入に関する記事を紹介します。

Gmail移行のきっかけはさまざま

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...