4万台超の端末を保護するANAのセキュリティ対策
ANAがセキュリティ対策で直面した「人材」「コスト」「運用負荷」の課題とは
DXに積極的に取り組むANAホールディングス。グループの中核企業である全日本空輸(ANA)は、顧客データの活用に必要なセキュリティ対策として、EPP製品とEDR製品を使っている。ANAがセキュリティ対策で直面した課題とその解決策とは。(2021/5/11)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
ANAが“モバイル+API連携”で目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

目指すは国際線におけるサービスアップ
モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題
国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。(2018/1/17)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
大規模コールセンターの刷新を18カ月で完遂、全日本空輸に学ぶDX成功のヒント
DXの遅れが指摘される日本でも、変革を成功させた企業は多くある。顧客の声を経営に最大限生かすべく、コンタクトセンターの刷新という大規模プロジェクトに取り組むこととなった全日本空輸の事例から、DX成功のヒントを探る。(2020/11/12)

SaaSで変わったワークスタイル
ANAグループが導入した「世界を1つにする起爆剤」とは
2013年に「Google Apps for Work」をグローバルで導入したANAグループ。導入の狙いとは何だったのか。導入の背景とその効果を担当者が語る。(2015/8/6)

業務基盤の刷新などで約4億円のコスト削減も見込む
ANAが実践した働き方改革、その成功の秘訣とは?
多くの企業が最重要の経営課題として「働き方改革」に注力している。有識者が提案する改革を成功に導く最適な施策とは? 働き方の改革を実践した全日本空輸(ANA)のキーパーソンに話を聞いた。(2015/3/6)

2キロ/10キロのマニュアルが700グラムに
ANAのCA/パイロットを身軽にした「8500台の空飛ぶiPad」
全日本空輸(ANA)は8500台のiPadを導入。客室乗務員やパイロットの業務効率向上に生かしている。iPad導入の経緯や導入効果について、同社担当者に聞いた。(2013/5/24)

「kintone hive vol.3」レポート【前編】
東急電鉄がシェアオフィス事業でkintone活用、増加する“業務部門主導IT”とは?
業務アプリケーション開発用PaaS「kintone」。東急電鉄がシェアオフィス事業で、ANA成田エアポートサービスが塩漬けのまま更新し続けてきた業務システムの刷新でkintoneを導入した事例をお届けする。(2016/6/9)

アクセス解析ツール「Adobe SiteCatalyst」導入事例
【事例】Webサイト価値ランキング1位、ANAのWeb分析戦略
日本ブランド戦略研究所が発表した「Webサイト価値ランキング2011」で1位を獲得したANAのWebサイト。同社はWebサイト、スマートフォン対応、ソーシャルメディア活用にどのような戦略で挑んでいるのか。(2012/6/22)

「ManageEngine ServiceDesk Plus」導入事例
ANAコミュニケーションズの決断、サービスデスクツール刷新で起票作業を40%削減
問い合わせ管理と資産管理業務の統合に合わせてサービスデスクツールを刷新したANAコミュニケーションズ。適切なツールの導入で起票作業時間を約40%削減できたという。ツール選定理由と導入メリットを担当者が語る。(2012/8/29)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第1回】
ANAグループも採用、統制力とROIを高めるサービスデスクの作り方
仮想化、クラウドによってITリソースの調達が手軽になった今、情報システム部門には社外サービスに負けないサービス提供と確実なガバナンス担保が求められている。その実践のポイントを考える。(2013/6/26)

NEWS
ベリサインの電子認証、ANA旅客機「ボーイング787」の基盤システムに採用
ANAが次世代旅客機「ボーイング787」の基盤システムの1つとして認証サービス「ベリサイン マネージドPKI」を採用した。実績、セキュリティ面の堅牢性を評価。(2008/6/18)