ベリサインの電子認証、ANA旅客機「ボーイング787」の基盤システムに採用NEWS

ANAが次世代旅客機「ボーイング787」の基盤システムの1つとして認証サービス「ベリサイン マネージドPKI」を採用した。実績、セキュリティ面の堅牢性を評価。

2008年06月18日 19時39分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ベリサインは6月18日、全日本空輸(以下、ANA)における次世代旅客機「ボーイング787」の運航を支える基盤システムの1つとして、日本ベリサインの認証サービス「ベリサイン マネージドPKI」および各種サービスが採用されたことを発表した。今回ANAに採用されたサービスは以下の通り。

  • ASP型認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKI」
  • PKIサービス導入に関するコンサルティングサービス
  • 社内トレーニングサービス

 ベリサイン マネージドPKIは、ボーイング787の整備および運航に利用するネットワークにおける電子証明書の発行および、ネットワークにアクセスするためのクライアント認証として採用されている。

 採用には、ベリサインが持つPKI(公開鍵暗号基盤)に関する多くの実績、ベリサインマネージドPKIが持つ金融・製造・通信キャリア・官公庁など多くの業界での導入実績や米国航空・防衛産業が利用する商用ブリッジ「CertiPath」の運営支援、DNSルート運営の実績、セキュリティ面での堅牢性などが決め手となった。

 従来、ANAでは機体整備における機密情報のやりとりは、データ改ざんや情報漏えいを防止するために整備士がCD-ROMなどの物理メディアを介して、直接コックピット内で作業を行っていた。ベリサインの認証基盤の導入により、迅速な機体整備、メンテナンス作業効率の向上、整備スケジュールにおける手間の軽減、人為的な情報漏えいや整備ミスの防止を図る。

 ANAは、次世代旅客機ボーイング787を世界で初めて発注したローンチカスタマー(最初に購入を決めたエアライン)。そのため、ANAは次世代旅客機開発において仕様や企画策定に携わることができ、世界各国の航空会社に先駆けてボーイング787を就航する予定だ。

関連ホワイトペーパー

PKI | 認証 | 情報漏洩 | 公開鍵


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。