TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
セキュリティとコンプライアンスの機能補完に着目、Microsoft Office 365活用のヒント
 IT資産の保守、運用コストの削減や業務の生産性向上の観点から、クラウド型のコミュニケーション、コラボレーションサービスとして、Microsoft Office 365を利用する企業は増えている。高い堅牢性を誇るサービスである一方で、コンテンツのアーカイブ機能の問題やパフォ...(2015/5/25 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
クラウドの懸念を払拭する「Microsoft Office 365」のセキュリティとコンプライアンス
 今や、多くの企業がクラウドサービスの利用を推進している。しかし、不正アクセスによる情報漏えいなどのセキュリティリスクから、業務活用に懸念を抱く企業も少なくない。 「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」は、最新版のMicrosoft Officeやグループウェア...(2015/3/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/9/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Office 2007」延長サポート終了にどう備える? 知っておきたい3つの確認事項
 「Office 2007」は、2017年10月に延長サポート期間が終了となり、セキュリティ更新プログラムや有償サポートなどが受けられなくなる。サポート終了後の利用はセキュリティ上の大きなリスクとなることから、この機会にバージョンアップを図る企業が増えているが、移行に...(2017/4/28 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のための「Office 365 をスムーズに低コストで導入/運用する方法」
 マイクロソフトが提供するクラウド型グループウェアサービス「Microsoft Office 365 」。常に最新のオフィスソフトの利用が可能であり、モバイルPCやパッド/スマートフォンで場所を選ばずメールやスケジュールが確認でき、グループ内での共有文書編集など利便性や...(2013/6/7 提供:NECフィールディング株式会社)

技術文書
AD FSの導入不要、Office 365運用の工数増大とセキュリティ懸念を解決するシングルサインオンアカウント管理とは
 これまで「Office 365」を企業が導入・運用するためには、クラウドサービスでありながらサーバの追加投資が必要とされてきた。またOffice 365の「どこからでも使える」というクラウドサービスの利点が、逆にセキュリティ面での懸念となるなど、導入に影響が出ていた点が...(2015/9/3 提供:サイバネットシステム株式会社)

製品資料
Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには
 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。 解決策としては、プロキシのス...(2017/4/4 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
パフォーマンス低下の原因はOffice 365? 導入前に考えたいインフラ最適化
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化などへの高いニーズを背景に、新しいクラウドサービスが次々と登場している。その中で企業が採用するクラウドサービスの数は年々増加し、「Office 365」のようなクラウドベースのオフィススイーツの導入も進んでいる。(2016/10/6 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
Office 365活用術:Box連携で業務生産性とセキュリティを同時に向上させる
 現在、多くの企業が「業務生産性の向上」と「セキュリティの強化」という、相反しがちな2つの目標に取り組んでいる。しかし、従来のオンプレミス型製品は、近年のビジネスに欠かせないコラボレーション機能などの面で制限があり、生産性が阻害される。 また、クラウド...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365を業務現場でスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない
 最新のOfficeアプリケーションを利用でき、豊富なコミュニケーションやコラボレーション機能でワークスタイル変革にも有効なOffice 365だが、いざ導入しても、現場の従業員がいきなり有効活用するのは難しい。 「操作方法が分からない」「使い慣れた機能しか使わない」...(2017/1/16 提供:株式会社マイクロメイツ)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまでMicrosoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比べ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

事例
Office 365事例:すかいらーくが行きついたクラウドメールのセキュリティ強化策
 ガスト、ジョナサン、バーミヤンなどのレストラン店舗を全国展開するすかいらーくグループ。クラウドサービスの利用に積極的な同グループは、国内企業としては早くからOffice 365を導入して、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を強化してきた。 しかし、その後...(2016/11/8 提供:株式会社クオリティア)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまで米Microsoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比...(2015/9/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office 2013」 vs. 「Office 365」
 場所やデバイスを選ばずどこでも使えると熱い視線が注がれている「Office 365」。だが、そのメリットはSaaSであるというだけにとどまらない。ライセンス形態やその他さまざまな面で比較してなお、オンプレミス版にはない魅力を備えている。 一方、クラウドの認知度は高...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

製品資料
知っておくと便利なOffice 365活用術――「Box」連携で生産性と安全性が向上
 Word/Excel/PowerPointファイルをクラウド上で編集、作成、保存できる「Office 365」。Office製品の最新バージョンが常に提供され、デバイスを問わずに作業ができることから、コスト削減や生産性向上などの目的で採用する企業が増えている。 そんなOffice 365を導入...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

レポート
「Office 365」はなぜ使いやすい? MicrosoftのOS全方位外交でさらに便利に
 インターネットの普及に伴い、SaaS(Software as a Service)が広がりを見せている。アプリケーションとサポートをパッケージにして販売していたアプリケーションベンダーも、オンラインサービスや従量制サブスクリプションの提供へとシフトしている。それは、「Office ...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化
 近年、顧客先を訪問するような業務を中心に、クラウドサービスとモバイル端末の活用が進んでいる。しかし、十分な情報セキュリティが確保できないために、そのメリットを引き出せずにいる現場も少なくない。そんな課題を解消する手掛かりとなるのが、水道工事を中心とし...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月4日号:Office 365を安く導入する方法
 Computer Weekly日本語版 10月4日号は、以下の記事で構成されています。■ITプロジェクト失敗の原因は「リレーショナルデータベース」■NVMeでボトルネック化するストレージコントローラー■SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減■Office ...(2017/10/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?
 「Microsoft Office」のライセンスには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されている。Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCや...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Office 365やGoogle Appsに足りないメールセキュリティ、何を足せばいい?
 「Microsoft Office 365」(以下、Office 365)や「Google Apps」といったクラウドサービスは、従業員の生産性を向上させた。しかし、これらのクラウドベースのメールおよび生産性向上ツールは、正確にはどの程度のセキュリティを提供しているだろうか? 例えば、Offic...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading