TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
セキュリティとコンプライアンスの機能補完に着目、Microsoft Office 365活用のヒント
 IT資産の保守、運用コストの削減や業務の生産性向上の観点から、クラウド型のコミュニケーション、コラボレーションサービスとして、Microsoft Office 365を利用する企業は増えている。高い堅牢性を誇るサービスである一方で、コンテンツのアーカイブ機能の問題やパフォ...(2015/5/25 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
クラウドの懸念を払拭する「Microsoft Office 365」のセキュリティとコンプライアンス
 今や、多くの企業がクラウドサービスの利用を推進している。しかし、不正アクセスによる情報漏えいなどのセキュリティリスクから、業務活用に懸念を抱く企業も少なくない。 「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」は、最新版のMicrosoft Officeやグループウェア...(2015/3/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のための「Office 365 をスムーズに低コストで導入/運用する方法」
 マイクロソフトが提供するクラウド型グループウェアサービス「Microsoft Office 365 」。常に最新のオフィスソフトの利用が可能であり、モバイルPCやパッド/スマートフォンで場所を選ばずメールやスケジュールが確認でき、グループ内での共有文書編集など利便性や...(2013/6/7 提供:NECフィールディング株式会社)

技術文書
AD FSの導入不要、Office 365運用の工数増大とセキュリティ懸念を解決するシングルサインオンアカウント管理とは
 これまで「Office 365」を企業が導入・運用するためには、クラウドサービスでありながらサーバの追加投資が必要とされてきた。またOffice 365の「どこからでも使える」というクラウドサービスの利点が、逆にセキュリティ面での懸念となるなど、導入に影響が出ていた点が...(2015/9/3 提供:サイバネットシステム株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
パフォーマンス低下の原因はOffice 365? 導入前に考えたいインフラ最適化
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化などへの高いニーズを背景に、新しいクラウドサービスが次々と登場している。その中で企業が採用するクラウドサービスの数は年々増加し、「Office 365」のようなクラウドベースのオフィススイーツの導入も進んでいる。(2016/10/6 提供:テクマトリックス株式会社)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまでMicrosoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比べ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

事例
Office 365事例:すかいらーくが行きついたクラウドメールのセキュリティ強化策
 ガスト、ジョナサン、バーミヤンなどのレストラン店舗を全国展開するすかいらーくグループ。クラウドサービスの利用に積極的な同グループは、国内企業としては早くからOffice 365を導入して、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を強化してきた。 しかし、その後...(2016/11/8 提供:株式会社クオリティア)

レポート
「Office」とは違うオフィススイートの1つの選択肢、オープンソース製品の実力とは
 これまで米Microsoftの「Office 2013」をコストの問題で受け入れられなかった企業の中に、安価かつ生産性を向上できる他のオフィススイートを検討する動きがある。こうした企業の多くにとって有力な選択肢となるのは「Office 365」である。Office 365はOffice 2013と比...(2015/9/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Office 2013」 vs. 「Office 365」
 場所やデバイスを選ばずどこでも使えると熱い視線が注がれている「Office 365」。だが、そのメリットはSaaSであるというだけにとどまらない。ライセンス形態やその他さまざまな面で比較してなお、オンプレミス版にはない魅力を備えている。 一方、クラウドの認知度は高...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

レポート
どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か
 あるときは月額料金制の「Microsoft Office」、あるときはクラウドメールサーバと、いろいろな顔を持つ「Office 365」。しかし、さまざまな顔を持つため「『Office 365』とは何で、どのようなことに使えるの」と疑問に持つかもしれません。そして、ITにある程度詳しくて...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Office 365やGoogle Appsに足りないメールセキュリティ、何を足せばいい?
 「Microsoft Office 365」(以下、Office 365)や「Google Apps」といったクラウドサービスは、従業員の生産性を向上させた。しかし、これらのクラウドベースのメールおよび生産性向上ツールは、正確にはどの程度のセキュリティを提供しているだろうか? 例えば、Offic...(2015/10/26 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
Microsoft Office互換ソフトの導入、コスト以外の決め手は何か?
 OSやOfficeソフトのサポート終了に伴う端末入れ替えや、ソフトのアップグレードに直面する経営者やIT担当者も多いことだろう。アップグレードによるITコストの増加や、ソフトのインタフェースや機能の習熟に掛かる負担増といった課題から、Microsoft Office互換ソフトの...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365のメールセキュリティ「6つの落とし穴」
 Office 365はビジネスソリューションに強くスタンダードともいえるマイクロソフトのサービスということもあり、セキュリティは標準機能で十分と考えているユーザーも多い。しかし、いざ利用を開始すると、メールセキュリティの面で不安を覚えるケースが増加している。 ...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

事例
中京テレビ放送が感じた、Office 365のメールセキュリティに足りない機能とは何か?
 1969年に開局して以来、愛知・岐阜・三重でテレビ放送事業をはじめ、文化・スポーツ振興なども積極的に行い、地域とともに歩んできた中京テレビ放送。メールシステムは自社サーバだったが、容量の問題からクラウド移行を検討し「Microsoft Office 365」を採用した。 導...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

Webキャスト
Office 365のメールセキュリティでできること、できないこと
 クラウドの普及により、ビジネスソフトを個別の導入からクラウド利用の「Office 365」に切り替える企業が増えている。この時、気をつけたいのはOffice 365のメールセキュリティの課題だ。トラブルになりがちなメール誤送信のトラブルとして、「宛先間違い」「添付ファイ...(2014/12/19 提供:株式会社トランスウエア)

レポート
iPad版「Microsoft Office」で現実味を帯びる“PCのない世界”
 米Appleのタブレット「iPad」を業務利用する上で長らく課題となっていた、「Microsoft Office」ファイルの扱い。米MicrosoftがiPad版のMicrosoft Officeをリリースしたことで、この状況が大きく変わりつつある。 企業は早速、iPad版Microsoft Officeがもたらす価値を測...(2014/6/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Office 365高速化の最適解
 「Office 365」などのSaaS製品導入で、最大の課題となるのが、パフォーマンスの低下だ。ローカル環境で利用していたアプリケーションやデータが同等の速度を確保できないケースがしばしば見受けられる。 その課題はSaaSアクセスを最適化するソリューションの導入で解決...(2014/3/31 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
 クラウド型メールへの移行が進んでいる。ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのOffice 365導入を検討あるいは決定した企業も多いだろう。だが、標準機能だけでセキュリティ対策は万全だろうか? メール送信時の上司承認や送信拒否などの一部の誤送信防止機能は...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

技術文書
検証:Office 365高速化作戦
 企業ネットワークにおけるクラウドサービス最大の課題は、LANなどのローカル環境に比較してアプリやサービスのパフォーマンスが低下することだ。Office 365のように多くの従業員が、毎日利用するサービスではその不満も顕著になる。 本ホワイトペーパーでは、上記課題...(2014/3/31 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
Office 365とActive Directory連携でかかる隠れたコスト、負担を軽減させる選択肢はあるか?
 「Office 365」のActive Directory連携コストの問題は、Active Directory Federation Services(AD FS)を利用したケースにおいて、多くのユーザーから指摘されている。AD FSは企業システム内のActive Directoryとクラウドサービス側のユーザー管理ディレクトリを連携さ...(2015/9/10 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
Office 365は本当に安価か?(Kindle版)
 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したKindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。■Office 365の料金体系をひも解く Webブラウザ上でOffice文書の作成・閲...(2012/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

Loading