2014年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

それぞれの特徴と欠点「Windows 8.1」「Office 2013」、今からでも知っておくべき10の事柄

徐々に利用が広がっている「Windows 8/8.1」「Microsoft Office 2013」だが、導入前に知っておくべき幾つかのポイントがある。多くの読者が疑問に持つ10の事柄をまとめた。

[Margaret Jones,TechTarget]

 2013年、米Microsoftのアップグレード製品、特に「Windows 8.1」と「Office 2013」に対して賛否両論が巻き起こった。Windows 8.1の機能の中には、デスクトップ管理者とユーザーに歓迎されたものもあるが、そうでないのもある。特に評判が良くないのがタッチスクリーン型ユーザーインタフェースだ。

 米TechTargetの記事では、これまでにデスクトップやWindows関連のさまざまな製品を取り上げたが、読者の関心が最も高かったのが「Windows 8/8.1」「Office 2013」「Office 365」だった。読者の関心を引いたWindows 8/8.1、Office 2013の知っておくべき項目を以下に紹介する。

1. Windows 8/8.1の特徴と欠点

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...