2014年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

それぞれの特徴と欠点「Windows 8.1」「Office 2013」、今からでも知っておくべき10の事柄

徐々に利用が広がっている「Windows 8/8.1」「Microsoft Office 2013」だが、導入前に知っておくべき幾つかのポイントがある。多くの読者が疑問に持つ10の事柄をまとめた。

[Margaret Jones,TechTarget]

 2013年、米Microsoftのアップグレード製品、特に「Windows 8.1」と「Office 2013」に対して賛否両論が巻き起こった。Windows 8.1の機能の中には、デスクトップ管理者とユーザーに歓迎されたものもあるが、そうでないのもある。特に評判が良くないのがタッチスクリーン型ユーザーインタフェースだ。

 米TechTargetの記事では、これまでにデスクトップやWindows関連のさまざまな製品を取り上げたが、読者の関心が最も高かったのが「Windows 8/8.1」「Office 2013」「Office 365」だった。読者の関心を引いたWindows 8/8.1、Office 2013の知っておくべき項目を以下に紹介する。

1. Windows 8/8.1の特徴と欠点

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...