2013年11月05日 08時00分 公開
特集/連載

実はiPad並みに使える「Windows 8/8.1タブレット」の真実100点満点ではないが、“劣ったOS”ではない

Windows 8/8.1の業務利用は時期尚早だという声は根強くある。だが検証もせずに導入検討の対象から外すのは合理的ではない。Windows 8/8.1の現実をあらためて見ていこう。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 あなたの会社は、どんなモバイル戦略を用意しているだろうか? 多くの企業と同じなら、何でもありだろう。文化的に考えたら、それは悪いことじゃない。上層部が無謀にも悪夢のBYOD(私物端末の業務利用)制度の導入を推進しているならば、業務用モバイル端末をWindows 8/8.1(以下、Windows 8.x)で標準化しようとしても、さまざまな端末を使っている従業員はなかなか賛同しないだろう。役員たちは、iOSまたはAndroid搭載のモバイル端末が欲しいと思えば、それらを手に入れる。従業員だってそうだ。

 タブレットだけでなくノートPCも含めて、Windows 8.xのモバイル端末を、標準端末にするとはいかないまでも、本気でサポート対象にしようと考えたことはあるだろうか? Windows 8.x搭載のモバイル端末は、より普及している他のモバイルプラットフォームに代わり得る。以下はその理由である。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...