次世代“Excel職人”も注目? 「Office 365」向け開発環境の可能性とはマクロやアドオンからの卒業

Microsoftは、「Office 365」の普及拡大するために開発者向けにさまざまな取り組みをしている。本稿では、取り組みの詳細を紹介する。

2016年10月28日 07時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]
Office 365 Developer ProgramのWebページ《クリックで拡大》

 「Office 365」の普及拡大を目指すMicrosoftにとって、Office 365の開発者向けプラットフォームの重要性が高まっている。Office 365はMicrosoftの企業向けオフィススイートプラットフォームだ。企業は自社開発アプリケーションをこのプラットフォームに組み込むことで、Office 365と連係する使いやすいアプリケーションを開発できる。

 Microsoftは、Office 365のさらなる普及拡大のため、新しいビジョンを打ち出した。調査会社Gartnerの調査によれば、回答者の78%がOffice 365を既に使用しているか、使用する予定であることが分かった。利用者をさらに拡大するには、「Microsoft SharePoint」などのOffice 365サービスでビジネスプロセスへの拡張性を高める必要がある。だが開発者の間ではOffice 365向け開発に関する理解がなかなか浸透していない。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...