複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?Microsoft Officeのライセンス大全【前編】(1/2 ページ)

Microsoftの「Microsoft Office」には、多くのエディションが用意されている。そのため、エディションを選ぶ場合、重視するものを見極めることが何よりも重要だ。

2016年09月06日 12時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Office 365 | Microsoft Office | Excel | Outlook | PowerPoint | Windows | Word


「Office 365」の公式Webページ《クリックで拡大》

 Microsoftの「Microsoft Office」には、ライセンス購入が分かりやすい時代もあった。だが現在、Microsoftの主力製品であるOfficeを使用するには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されているのが実情だ。

 Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCやMac対応エディションの簡易版だ。Officeは、パッケージ版Office「Office 2016」で永続的ライセンスを購入することも、クラウド版のOffice「Office 365」サブスクリプションの一環として利用することもできる。

Microsoft Officeの各ライセンスと利用できる機能

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...