2016年09月06日 12時00分 公開
特集/連載

複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?Microsoft Officeのライセンス大全【前編】(1/2 ページ)

Microsoftの「Microsoft Office」には、多くのエディションが用意されている。そのため、エディションを選ぶ場合、重視するものを見極めることが何よりも重要だ。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Office 365 | Microsoft Office | Excel | Outlook | PowerPoint | Windows | Word


「Office 365」の公式Webページ《クリックで拡大》

 Microsoftの「Microsoft Office」には、ライセンス購入が分かりやすい時代もあった。だが現在、Microsoftの主力製品であるOfficeを使用するには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されているのが実情だ。

 Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCやMac対応エディションの簡易版だ。Officeは、パッケージ版Office「Office 2016」で永続的ライセンスを購入することも、クラウド版のOffice「Office 365」サブスクリプションの一環として利用することもできる。

Microsoft Officeの各ライセンスと利用できる機能

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...