2015年03月06日 12時00分 公開
特集/連載

「Office 2013」 vs. 「Office 365」特選プレミアムコンテンツガイド

「Microsoft Office 2013」と「Microsoft Office 365」のどちらを選ぶべきかは迷うところ。自社の業務で使うにはどちらが適しているのか知るため、両者を徹底比較してみよう。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Office 365 | Office 2013


 場所やデバイスを選ばずどこでも使えると熱い視線が注がれている「Office 365」。だが、そのメリットはSaaSであるというだけにとどまらない。ライセンス形態やその他さまざまな面で比較してなお、オンプレミス版にはない魅力を備えている。

 一方、クラウドの認知度は高まってきたとはいえ、まだまだ利用を制限する企業も少なくない。「Office 2013」を選ぶか「Office 365」を選ぶか、自社の利用形態に合った製品選択のため、本資料を参考にしてほしい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。