“クラウド心配性”を払拭する「Office 365」セキュリティ入門社外からのアクセスはやっぱり不安?

オフィス外のユーザーが電子メールにアクセスできることがセキュリティの問題になると懸念していないだろうか。そのような場合は「クライアントアクセスポリシー」の実装をお勧めする。

2014年07月25日 15時00分 公開
[Steve Goodman,TechTarget]

 米Microsoftの「Microsoft Office 365」に移行すると、多くの企業はインターネット経由で「Microsoft Exchange Server」などのサービスにアクセスできるようになる。「Outlook Web App」(OWA)、「Outlook Anywhere」「Microsoft ActiveSync」へのアクセスを用意している企業は珍しくない。だが、エンドユーザーがネットカフェや個人所有のデバイスなど、オフィス以外の場所から電子メールにアクセスできるようにすることを望まない企業もある。後者の企業は、クライアントアクセスポリシーを作成することをお勧めする。

 Office 365はインターネットベースのサービスだ。全てのクライアントはパブリックなインターネット経由でサービスにアクセスすることになる。そのため、Office 365のサービスへのアクセスにセキュリティが確保されたデバイス(会社所有のデバイス)を使用することを義務付けている企業もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。