2014年07月25日 15時00分 公開
特集/連載

“クラウド心配性”を払拭する「Office 365」セキュリティ入門社外からのアクセスはやっぱり不安?

オフィス外のユーザーが電子メールにアクセスできることがセキュリティの問題になると懸念していないだろうか。そのような場合は「クライアントアクセスポリシー」の実装をお勧めする。

[Steve Goodman,TechTarget]

 米Microsoftの「Microsoft Office 365」に移行すると、多くの企業はインターネット経由で「Microsoft Exchange Server」などのサービスにアクセスできるようになる。「Outlook Web App」(OWA)、「Outlook Anywhere」「Microsoft ActiveSync」へのアクセスを用意している企業は珍しくない。だが、エンドユーザーがネットカフェや個人所有のデバイスなど、オフィス以外の場所から電子メールにアクセスできるようにすることを望まない企業もある。後者の企業は、クライアントアクセスポリシーを作成することをお勧めする。

 Office 365はインターネットベースのサービスだ。全てのクライアントはパブリックなインターネット経由でサービスにアクセスすることになる。そのため、Office 365のサービスへのアクセスにセキュリティが確保されたデバイス(会社所有のデバイス)を使用することを義務付けている企業もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...