2014年10月10日 08時00分 公開
特集/連載

意外とキャラがかぶる「Office 365」と「Yammer」、センターに立つのは?機能重複がもたらす混乱

米Microsoftの戦略により、「Office 365」と「Yammer」の機能が重複するという、混乱を招く状態になっている。この状況は解消されるのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftは2012年に12億ドルで米Yammerを買収した。それ以来、Yammerは企業向けのソーシャルネットワーキングプラットフォームとして勢力を拡大している。MicrosoftはOffice製品ラインにYammerを組み込んでいる。また、中小企業向けの「Office 365」サブスクリプションには「Yammer Enterprise」が含まれる。

 Yammerについては、さまざまなメリットがある。Yammerはビジネス仕様の「Facebook」と呼ばれていた。その理由は、YammerのインタフェースがFacebookとほぼ同じだからだ。そして、このFacebookとの類似性こそがYammerの普及に大きく貢献している。Facebookをよく使っている人であれば、Yammerを使うのは造作もない。

 ただし、Yammerに欠点がないわけではない。

エンドユーザーが抱える戸惑い

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。