2014年10月10日 08時00分 公開
特集/連載

意外とキャラがかぶる「Office 365」と「Yammer」、センターに立つのは?機能重複がもたらす混乱

米Microsoftの戦略により、「Office 365」と「Yammer」の機能が重複するという、混乱を招く状態になっている。この状況は解消されるのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftは2012年に12億ドルで米Yammerを買収した。それ以来、Yammerは企業向けのソーシャルネットワーキングプラットフォームとして勢力を拡大している。MicrosoftはOffice製品ラインにYammerを組み込んでいる。また、中小企業向けの「Office 365」サブスクリプションには「Yammer Enterprise」が含まれる。

 Yammerについては、さまざまなメリットがある。Yammerはビジネス仕様の「Facebook」と呼ばれていた。その理由は、YammerのインタフェースがFacebookとほぼ同じだからだ。そして、このFacebookとの類似性こそがYammerの普及に大きく貢献している。Facebookをよく使っている人であれば、Yammerを使うのは造作もない。

 ただし、Yammerに欠点がないわけではない。

エンドユーザーが抱える戸惑い

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...