2021年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

「OneDrive for Business」の容量を増やすには? 注意すべきMicrosoft 365の制限「既定」と「最大」の容量は

「Microsoft 365」を利用する場合、「OneDrive for Business」のストレージ容量の上限に注意が必要だ。その上限を増やす方法を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 サブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)を利用する場合、管理者が注意しなければならない点がある。Microsoft 365では、データの保存容量に制限があることだ。オンラインストレージ「OneDrive for Business」を使って複数のエンドユーザーがファイルを共有する場合は、特にこの制限が問題になる可能性がある。

 ただし幸いなことに、OneDrive for Businessには容量の上限を既定値から変更する方法がある。

OneDrive for Businessの容量を増やす方法

 OneDrive for Businessの容量を増やす場合、管理者はまず既定の上限を確認する。Microsoft 365に管理者権限でサインインし、「SharePoint 管理センター」に移動する。「既定の記憶域の制限」を開くと、Microsoft 365ユーザーが利用できるストレージ容量の上限が分かる。

 ストレージ容量の上限は、通常は1024GB(1TB)が既定値となっている。管理者はこの上限を増やすことができる。

 管理者はエンドユーザーにOneDrive for Businessの上限の既定値を適用するのか、管理者が指定した上限の容量を適用するのかを確認するといい。そのためには「Microsoft 365 管理センター」を開き、「ユーザー」タブ、「アクティブなユーザー」タブの順に選択する。目的のエンドユーザーのアカウントをクリックすると、そのエンドユーザーのさまざまな設定を表示するポップアップウィンドウが開く。そこで管理者はエンドユーザーのストレージの使用状況や容量の上限を確認できる。

 エンドユーザーの容量の上限を増やす必要がある場合は、管理者はストレージの使用容量を示す画面から、既定の上限とは異なる上限を設定できる。通常は最大5TBまで設定することが可能だ。容量の上限をそれよりも増やす必要がある場合は、Microsoftに連絡して追加容量を購入するとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...