2021年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

「OneDrive for Business」の容量を増やすには? 注意すべきMicrosoft 365の制限「既定」と「最大」の容量は

「Microsoft 365」を利用する場合、「OneDrive for Business」のストレージ容量の上限に注意が必要だ。その上限を増やす方法を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 サブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)を利用する場合、管理者が注意しなければならない点がある。Microsoft 365では、データの保存容量に制限があることだ。オンラインストレージ「OneDrive for Business」を使って複数のエンドユーザーがファイルを共有する場合は、特にこの制限が問題になる可能性がある。

 ただし幸いなことに、OneDrive for Businessには容量の上限を既定値から変更する方法がある。

OneDrive for Businessの容量を増やす方法

 OneDrive for Businessの容量を増やす場合、管理者はまず既定の上限を確認する。Microsoft 365に管理者権限でサインインし、「SharePoint 管理センター」に移動する。「既定の記憶域の制限」を開くと、Microsoft 365ユーザーが利用できるストレージ容量の上限が分かる。

 ストレージ容量の上限は、通常は1024GB(1TB)が既定値となっている。管理者はこの上限を増やすことができる。

 管理者はエンドユーザーにOneDrive for Businessの上限の既定値を適用するのか、管理者が指定した上限の容量を適用するのかを確認するといい。そのためには「Microsoft 365 管理センター」を開き、「ユーザー」タブ、「アクティブなユーザー」タブの順に選択する。目的のエンドユーザーのアカウントをクリックすると、そのエンドユーザーのさまざまな設定を表示するポップアップウィンドウが開く。そこで管理者はエンドユーザーのストレージの使用状況や容量の上限を確認できる。

 エンドユーザーの容量の上限を増やす必要がある場合は、管理者はストレージの使用容量を示す画面から、既定の上限とは異なる上限を設定できる。通常は最大5TBまで設定することが可能だ。容量の上限をそれよりも増やす必要がある場合は、Microsoftに連絡して追加容量を購入するとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...