2021年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナ「ワクチンパスポート」で無視できないプライバシー問題と解決策オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【中編】

COVID-19の「ワクチンパスポート」を利用する場合、企業が注意すべきなのが「プライバシー」の問題だ。どのような問題があり、どう対処すればよいのか。アナリストの知見を基に解説する。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 企業がオフィスワークを再開するために役立つ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「ワクチンパスポート」(ワクチン接種証明書)には、さまざまな選択肢がある。企業にとっては「まずは従業員からどのようなデータを取得するかのポリシーを策定することが先決だ」と、調査会社Forrester Researchのプリンシパルアナリストであるハイディ・シェイ氏は語る。

ワクチンパスポートを利用するなら見逃せない「プライバシー」問題

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。