2019年02月28日 10時00分 公開
PR

ロードバランサーという選択肢「Office 365のパフォーマンスが出ない」のは、ネットワークの問題?

「Office 365」を利用すれば業務効率アップ……という期待を抱いて導入したものの、予想外の通信が増大して、逆にパフォーマンスが低下する可能性がある。この懸念を回避するためにできることは?

[ITmedia]

 業種業態を問わず、クラウドサービスを積極的に活用している企業は少なくない。オンプレミスのITシステムの維持管理に費やしていた手間やコストが削減できるメリットを期待して、クラウドサービスを利用する企業もあるだろう。

 ただしクラウドサービスの利用規模や使い方によっては、想定外のパフォーマンス劣化に悩まされる可能性がある。「Office 365」といった、多くの従業員が利用するクラウドサービスを利用する場合、特に注意が必要となる。従来オンプレミスで処理していたオフィスアプリケーションの処理をクラウドに移動した結果、自社とクラウドサービスとの通信量が急増してしまうためだ。

 例えば「Exchange Online」などのセッション数を多数利用するOffice 365サービスを利用すると、従来のインターネットアクセスのトラフィックに上乗せして、オフィスアプリケーションを利用するトラフィックが生じる。そのため適切な対処をしていないとWAN接続のための帯域が不足してしまう。この課題を放置していると、効率改善を期待してクラウドサービスを利用していたはずが、アプリケーション処理のパフォーマンス低下で業務に支障が出てしまう可能性さえある。

 今回は特に利用が広がっているOffice 365に注目して、クラウドサービス利用時のネットワークにまつわる課題と解決策を整理する。

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、F5ネットワークスジャパン合同会社

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部