TechTargetジャパン

講演資料
SaaSに適した業務分野の視点で考える〜内部統制におけるSaaS利用の有効性〜
 本ホワイトペーパーでは、「SaaSは企業力向上の決め手となるか」をテーマに、SaaS利用と自社運用(パッケージ)との違いやSaaS利用と自社運用におけるそれぞれの特性やメリットを明らかにした上で、SaaSに適した業務分野・既存システムとの共存など、企業の情報システム...(2008/7/15 提供:株式会社JIEC)

講演資料
【非掲載】統制におけSaaSに適した業務視点で考える〜内部統制におけるSaaS利用の有効性〜
当資料では、「SaaSは企業力向上の決め手となるか」をテーマに、SaaSという選択(PKGとの違い、SaaSとPKGの特性・メリット)、SaaSに適した業務分野・既存システムとの共存など、企業の情報システム・ビジネスにおけるSaaSの位置づけや効果的な活用方法についてまとめてい...(2008/7/15 提供:株式会社JIEC)

レポート
初めてのクラウドコンピューティング――IaaSからSaaSまで失敗しない選び方
 現在、クラウドコンピューティングのサービスを提供する事業者は把握が難しいほど数が多い。本コンテンツでは、IaaSからSaaSまで数多くの選択肢の中から事業者を選定する際、技術や機能以外にも注目すべきポイントを解説する。加えて、クラウドコンピューティングの基本...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

事例
大型買収後に課題となるシステム統合。運用管理もSaaS利用で乗り越えられる
 7万のエンドユーザーに、質の高いITサービスを提供するために必要なのは、ワークフローとタスクの自動化、資産管理とユーザーエクスペリエンスの簡素化を常に実施することだ。シンガポールに本社を構え、電子機器製造サービスのプロバイダーとして4大陸30カ国でビジネス...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
SaaSは1秒1秒が勝負の時代、検討すべきは「ストレージプロセス自動化」
 SaaSは多くの企業が活用し、モバイル経由の利用シーンも当たり前になっている。実際に利用しているユーザーのロードタイムに対しての意識は、33%がモバイルもデスクトップと同じかそれ以上に速いことを望んでおり、47%が2秒未満でページがロードされることを求め、1秒...(2016/3/17 提供:SolidFire)

講演資料
Office 365など、SaaSをもっと安全かつ簡単に使うためには? アクセス管理の賢い運用方法をご紹介
 SaaSをはじめとした企業のクラウドサービス利用が増える一方で、セキュリティに関する以下の課題が顕在化している。・パスワード認証で安全性が担保できるか?・いつでもどこでも無制限にアクセスできる状況で良いか?・不正アクセスを検知する仕組みがあるか? 特に...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
PaaSで業務プロセスを構築──SaaS導入時の「困った」はこうして解決する
 SaaSのメリットは、オンプレミスと比べて迅速に導入できる、システム運用負荷を低減できる、低コストで運用・導入できるなどさまざまある。一方でIDC Japanの調査によると、SaaSの懸念事項として「自社の業務と合わない」「カスタマイズ/アドオンが困難」「機能が不足...(2015/6/8 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
人事管理のSaaS導入を推進する5つのトレンドとは?
 グローバル化する市場、不安定な経済状況、テクノロジーの進歩、有能な人材獲得競争の激化など、ビジネスを取り巻く環境は大きく変化している。企業は、高額で柔軟性に乏しいオンプレミス型ソリューションに変わる選択肢として、より低コストで使いやすく柔軟性の高いSa...(2014/12/3 提供:ワークデイ株式会社)

Webキャスト
【講演動画】事業変革のエントリーポイントとなるSaaS化戦略とは
 クラウド活用の方向性策定から全体計画、構築、運用までをサポート、自社のクラウド化推進はもとより、既に100社以上に提供しているIBMソフトウェアのクラウドソリューション。本コンテンツでは、企業のビジネススピードとニーズに合わせて柔軟に対応するBPaaS、SaaS、P...(2014/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
事業変革のエントリーポイントとなるSaaS化戦略とは
 クラウド活用の方向性策定から全体計画、構築、運用までをサポート、自社のクラウド化推進はもとより、既に100社以上に提供しているIBMソフトウェアのクラウドソリューション。本コンテンツでは、企業のビジネススピードとニーズに合わせて柔軟に対応するBPaaS、SaaS、P...(2014/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SaaS型ERPのメリットとデメリット――ベストな選択を考える
 注目を集めるSaaS型ERPは中小企業に最適のソリューションともいわれる。だが、本当にそうだろうか。SaaS型ERPに掛かるコストや自社のビジネスプロセスを考えると、中小企業にとっての解決策がSaaS型ERPではなく、従来のオンプレミスサーバとERPである場合も当然ある。 ...(2014/6/10 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
サービスデスクはSaaS型へ──サービスデスクを業績につなげる5つの方法
 ITサービスデスクは、ITサービスを必要とする人とIT組織とを結ぶ、極めて重要な窓口だ。シンプルさ、柔軟性、そしてコスト削減を望む現代の企業は、SaaS(Software as a Service)型のITサービスデスクソリューションへと移行しつつあり、実際に成果を上げている企業も...(2014/5/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
iPad活用のSaaS型カタログ管理・配信サービスで効率化と提案力を強化
 さく岩機を中心に建設機械の製造販売を手掛ける古河ロックドリルは、古河機械金属の機械部門をルーツとする長い歴史を誇る企業だ。同社では、膨大な紙のカタログのバージョン管理が困難で、営業時に必要なカタログを即座に用意できず商機を逃すといった課題を抱えており...(2014/5/12 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
オンプレミスでもSaaSでも悩まないセキュリティ対策
 オンプレミスとSaaS、自社システムにどちらを選択するか決定する際に、セキュリティ対策を検討材料にする企業も多いだろう。オンプレミスとSaaS、両方を利用できるセキュリティ製品を選ぶことで、オンプレミスとして自社に設置して組織にフィットした構成で活用すること...(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

比較資料
診療所向けSaaS型電子カルテ導入・月額利用コスト比較表
・サービス名・ベンダー・月額基本料金・初期費用・導入時に必要なもの・システムの特徴・オプションなど(2013/1/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
SaaS/ASPに関する読者調査結果リポート(2012年11月)
■調査概要目的:TechTargetジャパン会員のSaaS/ASP導入状況について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2012年11月12日〜11月27日有効回答数:241件※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位まで表示し...(2012/12/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
製品信頼性とサポート体制で選ぶSaaS型ウイルス対策
 ウイルス対策は企業におけるセキュリティ対策の中でも基本といえるが、昨今のテクノロジーの進化により、選ぶべき製品・サービスは変わり始めている。昨今のIT活用の大きな変化といえば、「クラウドコンピューティング」の活用だが、グループウェアなどの情報系アプリケ...(2011/12/19 提供:日本事務器株式会社)

製品資料
止めない、止まらないビジネスのために!導入コストゼロからはじめるSaaS型バックアップサービス
 日々増え続ける大切なデータ。災害、不慮のトラブル、誤操作などからデータを守るため、データのバックアップは事業継続に必要不可欠です。日立電子サービスが提供する「安心バックアップサービス」は、煩雑な導入作業が不要で、お客さまのデータを自動でバックアップす...(2011/7/29 提供:日立電子サービス株式会社)

Webキャスト
SaaSの波は止められない!クラウド時代の会計システムとは
 国際会計基準等の制度改正など、ビジネスの変化に柔軟に対応できるアプリケーションは何か? 会計・人事業務はパッケージ適合率の高さから、SaaSが適している業務領域である。SaaSはソフトウェア、ハードウェアが不要であり、頻繁な法改定や税制改定などによるバージョ...(2011/2/16 提供:エス・エス・ジェイ株式会社)

技術文書
次世代ファイアウォールはこう使え!クラウド・SaaS時代の運用管理術
 相次ぐの情報漏えい事件・事故の発生に伴って、企業には徹底した情報管理が求められている。本格的なクラウド時代が到来し、「社内システム」から「サービスとしてソフトウェアを使う」流れが加速するなか、社内で閉じていた通信がインターネットに流出しはじめた。Web...(2011/2/1 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

製品資料
Exchange ServerをSaaS利用するという選択肢
 電子メールやグループウェア、スケジュール管理が利用できるコミュニケーションツールとして、デファクトスタンダードの地位を確立したといえるマイクロソフトのExchange Server。1993年リリースの初代を皮切りに、Exchange 2000 Server、Exchange Server 2003を経てExc...(2010/11/18 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

カタログ
【カタログ】ファイル管理の悩みを解決! ファイル管理SaaSサービスの決定版 ActiveAssets
【製品概要】企業向け、ファイル管理SaaSサービス。ファイルサーバの利用だけではセキュリティ上不安、データが探せない、メール添付ではデータが送れない、などでお困りの企業。また、大量のデジタルファイル(図面、エクセルやワードファイル、また各種画像ファイルなど...(2010/9/8 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

製品資料
中堅・中小企業向けSaaS型ソリューション
 クラウドサービス活用というと、メールやスケジュール管理、グループウェアなどのイメージがあるが、NECのSasS型ソリューションはそれだけではない。約50種類の豊富なサービスメニューの中には、メールやスケジュール管理などのフロント業務に加えて、会計・人事など基...(2010/8/30 提供:日本電気株式会社)

カタログ
【カタログ】セミナーを「戦略的なマーケティング活動」に変えるSaaS型サービス「スマートセミナー」
【製品概要】スマートセミナーは、セミナー申し込みフォーム作成、受講票送信、来場管理といったイベント・セミナー運営の効率化をはじめ、データベース管理、メール配信、資料ダウンロードなど、マーケティング活動の一元的な管理を実現するSaaS型サービスだ。【導入メリ...(2010/2/25 提供:株式会社シャノン)

レポート
これが、コスト削減要求に応える最適解。情報漏えいリスクの軽減にSaaSで応える。
 運用管理負担の軽減や運用コスト削減といった効果が期待されるSaaS型のサービス。企業にとっての最重要課題である「情報漏えい対策」と「運用管理コストの削減」という一見相反する課題も、このSaaS型のサービスを情報漏えい対策にも活かすことで、容易にクリアできる。(2010/2/1 提供:NECビッグローブ株式会社)

製品資料
コスト重視の企業が選択!誤送信防止や情報漏えい対策にSaaSを選んだ、3つの理由
メールセキュリティSaaSを導入済みの企業は、わずか2年で7倍、また導入予定の企業は1年で3倍に増えているという。なぜ、多くの企業は情報漏えい対策にSaaS型を選んだのだろうか。コスト削減が命題とされるご時勢の中、情報システム担当者が自社構築やアプライアンスではな...(2009/12/8 提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ)

製品資料
SaaSによる恩恵をセキュリティ対策に最大限活かすには?
セキュリティ監視による情報漏えい対策やIT資産管理を強化したい企業にとって、導入コストやメンテナンスに関わる運用負担は頭の痛い問題だ。しかし、そんな企業の担当者のために、設備投資が不要で導入コストを抑えることが出来、運用の負担からも開放される対策がある。(2009/11/26 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
ExchangeのSaaS移行で実現する、4つのTCO削減とは
 V-ServiceIIはMicrosoft(R) Exchange(R) の機能を、Outlook(R) や携帯電話をはじめとしたモバイル端末を通じて提供するSaaS型サービスだ。 なかなか外部委託が難しいExchangeだが、SaaSサービスなのでサービスパックやパッチ適用に手間をかける必要が無い。 導...(2009/10/28 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

Webキャスト
株式会社エイチ・アイ・エスの事例に見るSaaS利用による投資削減と企業の活性化
“海外旅行といえば、H.I.S.”といわれるほど有名な、株式会社エイチ・アイ・エスでは今までの構成管理やセキュリティ管理は、自社内でのシステム環境構築と運用が必要であったため、初期設備投資や運用コストは常に重くのしかかっていた。そんな中、同社では、SaaS型の「...(2009/10/22 提供:LANDesk Software株式会社)

製品資料
クラウドやSaaS連携も! 最小のコストでID&アクセス管理を実現する方法とは?
アプリケーションやハードウェアインフラ等の様々なサービスを廉価に利用できるクラウドコンピューティング。インターネット接続環境とクライアントがあればすぐに利用可能とアピールされているが、利用者のID情報を確実に管理することはセキュリティやコンプライアンス対...(2009/9/1 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

Loading