2011年08月01日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftの思惑はユーザーメリットにもなるか?MicrosoftがOffice 365を推進する4つの理由

クラウドとOffice 365への移行を推し進めるMicrosoft。その思惑がわれわれユーザーにとってメリットとなれば問題ないのだが。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 最近のOffice 365のリリースに合わせて、米Microsoftはクラウドベースのサブスクリプションサービスの提供を開始している。このサービスにはExchange Online、SharePoint Online、コラボレーションサービスのLyncが含まれ、パッケージによってはOffice Web Appsとデスクトップ版のOfficeも利用できる(関連記事:Officeスイートだけじゃない! Office 365のサービス内容)。

 一見すると、これはプロダクティビティアプリケーションを手に入れる手段として面白そうだ。米GoogleのオンラインサービスのGoogle AppsやGoogle Docsはコンシューマの間で人気があり、Microsoftが対抗サービスを用意して参戦するのは時間の問題だった(関連記事:Microsoft Office 365とGoogle Apps、どちらがお得か?)。しかし、どのような取引であっても、先方の動機を知っておくのはよいことだ。それは、Microsoftの主力サービスがこちらの思惑にかなうかどうかを判断する材料になる場合もある。

 では、MicrosoftがクラウドとOffice 365への移行を強力に推し進める理由はなんだろうか。私の見解では、次の4点に絞られる。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。