AzureやMicrosoft 365の認定試験に合格する“賢い学習方法”はこれだ挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第4回】

Microsoftは同社の認定試験に挑戦するIT担当者のために、教材や講習を用意している。同社やサードパーティーベンダーが提供する、認定試験の学習に役立つ手段には、どのようなものがあるのか。

2022年09月02日 08時15分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 Microsoftは「Microsoft Azure」「Microsoft 365」といった自社のクラウドサービスに関する、複数の認定試験と認定資格を用意している。認定資格は認定試験に合格することで取得できる。IT担当者は認定資格を得ることで、自身のスキルを証明できる。同社は認定試験を受けるIT担当者の学習を支援するために、教材や講習を複数用意している。

Microsoftクラウド認定試験に合格する“賢い学習方法”

 講師が指導するトレーニングコースは、特定の認定試験への合格を目的としており、Microsoftが承認済みのカリキュラムに基づく。かつては対面指導が主流だったが、現在はほとんどがオンライン指導に切り替わっている。同社がオープンソースコードリポジトリ「GitHub」で公開するWebページ「Microsoft Learning」は、試験に必要なスキルを学習できる無料ハンズオンラボへのリンクを提供している。

 英国の教育サービス会社Pearson EducationのWebサービス「mindhub」は、認定試験ごとにMicrosoft公式の模擬試験を提供している。Microsoftの認定資格ページには、mindhubの模擬試験へのリンクがある。他のサードパーティーベンダーも模擬試験を提供しているが、mindhubの試験は全ての試験範囲を細部まで網羅していることをMicrosoftが保証している。

 市販の参考書を利用して自習する手もある。認定試験に関するニュース記事や動画といった、一般公開されている公式または非公式の情報も学習に役立つ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。