Microsoft 365のプロを認める認定試験「MS-100」「MS-101」とは? 合格するには挑戦すべきMicrosoftクラウド認定試験4選【第3回】

Microsoftはオフィススイート「Microsoft 365」のスキルを証明するための認定試験「MS-100」「MS-101」を提供している。これらの認定試験の試験範囲と、取得可能な認定資格とは。

2022年08月26日 08時15分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 Microsoftは、同社のクラウドサービスに関するスキルをIT担当者が証明できるようにするために、複数の認定資格および認定試験を用意している。認定資格は認定試験に合格することで取得でき、複数の認定試験への合格を要件とする認定資格もある。認定試験の中から、同社のサブスクリプション形式のオフィススイート「Microsoft 365」のスキルを問う「MS-100: Microsoft 365 Identity and Services」(MS-100)と「MS-101: Microsoft 365 Mobility and Security」(MS-101)を取り上げる。

MS-100: Microsoft 365 Identity and Services

 MS-100は、主にMicrosoft 365のユーザーIDやセキュリティ、コンプライアンスの管理作業に重点を置く。Microsoftによると、MS-100に合格するには

  • DNS(Domain Name System)
  • DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)
  • コマンドラインインタフェース「PowerShell」
  • ID・アクセス管理システム「Active Directory」

といった、基本的な企業ネットワーク技術の基礎知識が必要だ。

 主にMS-100では、以下のスキルを問う。

  • Microsoft 365サービスの設計と実装
  • ユーザーIDとロール(役割)の管理
  • アクセスと認証の管理
  • オフィスアプリケーション群の利用計画

 MS-100は、Microsoft 365管理者の認定資格「Microsoft 365 Certified: Enterprise Administrator Expert」を取得するために、合格が必要な認定試験の1つだ。

MS-101: Microsoft 365 Mobility and Security

 Microsoft 365サービスの導入や管理、移行を試験範囲とする認定試験が、MS-101だ。MS-100と同様、ID管理とセキュリティ、コンプライアンスに重点を置く。Microsoftは受験者に対し、サーバ管理や企業ネットワーク技術の基礎知識などを習得することを期待している。

 主にMS-101は、以下のスキルを問う。

  • モバイルデバイス管理手法
  • Microsoft 365のセキュリティ機能
  • Microsoft 365のガバナンスとコンプライアンス

 MS-100と同様、MS-101はMicrosoft 365 Certified: Enterprise Administrator Expertを取得するために、合格が必要な認定試験の1つだ。Microsoft 365 Certified: Enterprise Administrator Expertを取得するには、さらに以下のいずれかの認定資格の取得が必要になる。

  • Microsoft 365 Certified: Modern Desktop Administrator Associate
  • Microsoft 365 Certified: Security Administrator Associate
  • Microsoft 365 Certified: Messaging Administrator Associate
  • Microsoft 365 Certified: Teams Administrator Associate
  • Microsoft Certified: Identity and Access Administrator Associate

 前提条件となるこれらの認定資格のいずれかを取得してから、MS-100とMS-101の試験に合格する必要がある。


 次回はMicrosoft認定資格に合格するための勉強方法を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...