2021年02月02日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」で多要素認証(MFA)を利用するMicrosoft推奨の方法とは?多要素認証で「Microsoft 365」を安全に使う【後編】

多要素認証(MFA)で「Microsoft 365」のセキュリティを強化するためには、何をすればよいのだろうか。「条件付きアクセス」を活用する方法と、エンドユーザーごとに設定する方法を見てみよう。

[Peter van der Woude,TechTarget]

 OSやオフィススイートといったMicrosoft製品群をサブスクリプション形式で利用可能な「Microsoft 365」をより安全に利用するには、多要素認証(MFA)の導入が効果的だ。前編「『Microsoft 365』で多要素認証(MFA)を使う方法とは? 『Azure AD』を活用」に続き、Microsoft 365でMFAを利用する方法を紹介する。

方法2.条件付きアクセスの使用

 ID・アクセス管理サービス「Azure Active Directory」(Azure AD)の「Premium P1」「Premium P2」プランのライセンスを持つ企業は、「Conditional Access」(条件付きアクセス)を利用する選択肢がある。条件付きアクセスは、カスタマイズ可能なユーザー認証ポリシーを設けることができる機能だ。Microsoftは条件付きアクセスによるMFAの有効化を推奨している。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...