2021年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」で多要素認証(MFA)を使う方法とは? 「Azure AD」を活用多要素認証で「Microsoft 365」を安全に使う【前編】

強固な認証を実現する多要素認証(MFA)を「Microsoft 365」で利用するためには、何をすればよいのか。「Azure Active Directory」の設定による実現方法を解説する。

[Peter van der Woude,TechTarget]

 OSやオフィススイートといったMicrosoft製品群をサブスクリプション形式で利用可能な「Microsoft 365」のアカウント侵害を防ぐ方法は幾つかある。強力なパスワードに関する従業員トレーニングを実施したり、パスワード規則を設定したりすることが例として挙げられる。

 アカウント侵害を軽減する効果的な方法の一つは、多要素認証(MFA)を導入し、攻撃に対する防御を追加することだ。MFAは、

  • IDやパスワードといった知識要素
  • トークンやICカードといった所有要素
  • 指紋や虹彩といった固有要素

などさまざまな認証要素を組み合わせることができる。これにより脆弱(ぜいじゃく)なパスワードを使う場合でも、アカウントやデータが無防備になることを阻止する。本連載はMicrosoft 365でMFAを使う方法を解説する。

 Microsoft 365でMFAを利用とする方法として、Microsoftは3つの選択肢を提供している。

方法1.Azure ADのセキュリティ設定

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。