「Microsoft 365」で多要素認証(MFA)を使う方法とは? 「Azure AD」を活用多要素認証で「Microsoft 365」を安全に使う【前編】

強固な認証を実現する多要素認証(MFA)を「Microsoft 365」で利用するためには、何をすればよいのか。「Azure Active Directory」の設定による実現方法を解説する。

2021年01月25日 05時00分 公開
[Peter van der WoudeTechTarget]

 OSやオフィススイートといったMicrosoft製品群をサブスクリプション形式で利用可能な「Microsoft 365」のアカウント侵害を防ぐ方法は幾つかある。強力なパスワードに関する従業員トレーニングを実施したり、パスワード規則を設定したりすることが例として挙げられる。

 アカウント侵害を軽減する効果的な方法の一つは、多要素認証(MFA)を導入し、攻撃に対する防御を追加することだ。MFAは、

  • IDやパスワードといった知識要素
  • トークンやICカードといった所有要素
  • 指紋や虹彩といった固有要素

などさまざまな認証要素を組み合わせることができる。これにより脆弱(ぜいじゃく)なパスワードを使う場合でも、アカウントやデータが無防備になることを阻止する。本連載はMicrosoft 365でMFAを使う方法を解説する。

 Microsoft 365でMFAを利用とする方法として、Microsoftは3つの選択肢を提供している。

方法1.Azure ADのセキュリティ設定

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...