2021年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」で多要素認証(MFA)を使う方法とは? 「Azure AD」を活用多要素認証で「Microsoft 365」を安全に使う【前編】

強固な認証を実現する多要素認証(MFA)を「Microsoft 365」で利用するためには、何をすればよいのか。「Azure Active Directory」の設定による実現方法を解説する。

[Peter van der Woude,TechTarget]

 OSやオフィススイートといったMicrosoft製品群をサブスクリプション形式で利用可能な「Microsoft 365」のアカウント侵害を防ぐ方法は幾つかある。強力なパスワードに関する従業員トレーニングを実施したり、パスワード規則を設定したりすることが例として挙げられる。

 アカウント侵害を軽減する効果的な方法の一つは、多要素認証(MFA)を導入し、攻撃に対する防御を追加することだ。MFAは、

  • IDやパスワードといった知識要素
  • トークンやICカードといった所有要素
  • 指紋や虹彩といった固有要素

などさまざまな認証要素を組み合わせることができる。これにより脆弱(ぜいじゃく)なパスワードを使う場合でも、アカウントやデータが無防備になることを阻止する。本連載はMicrosoft 365でMFAを使う方法を解説する。

 Microsoft 365でMFAを利用とする方法として、Microsoftは3つの選択肢を提供している。

方法1.Azure ADのセキュリティ設定

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。