2021年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

建設会社がDaaS選びで「自宅回線が遅くても快適」を重視した“切実な理由”建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【後編】

米国の建設会社Mead & Huntは、テレワーク推進の手段として「DaaS」を選定する際に何を重視したのか。その背景とは。同社CIOに聞く。

[Mike Gleason,TechTarget]

 建設事業に加え、道路やダムの設計など幅広い事業を手掛けるMead & Huntは、従業員が在宅勤務などのテレワークを実施するための手段として、Workspotが提供するVDI(仮想デスクトップインフラ)ベースのDaaS(Desktop as a Service)「Cloud Workstation」を導入した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、同社はCloud Workstationの利用を広げ、テレワークをさらに推進している。

 Mead & Huntの最高情報責任者(CIO)を務めるアンディ・クナウフ氏に、同社のテレワークの状況と、Cloud Workstationの導入効果を聞いた。

―― テレワークを実現するに当たり、課題はありましたか。

クナウフ氏 全従業員のインターネット機器を最新に保つことは最大の課題となった。テレワークへの移行の際、従業員が自宅で使用していたルーターが、必ずしも新しくないことが判明した。そのため当社はルーターの購入や利用に関するガイドラインを示した。ネットワークの利用で問題が起きた場合は無線LANを使用するのではなく、デバイスをルーターに有線で接続するよう提案した。問題の90%近くは、ルーターに有線接続するか、最新のルーターを購入することで解消された。

「回線が遅いと解雇されるのでは」の不安を解消

―― Mead & Huntは仮想デスクトップについてどのようなニーズを抱えていますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...