音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とはBoseのサプライチェーン強化【中編】

音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。

2021年02月02日 05時00分 公開
[Jim O'DonnellTechTarget]

 前編「音響大手Boseが『サプライチェーン強化』を決意した理由 東日本大震災が契機」の通り、大手オーディオ機器メーカーBoseは2011年に世界各地で発生した災害をきっかけに自社のサプライチェーンを見直し、サプライヤーのリスクを最小限に抑えるための取り組みに着手した。同社は2013年にResilincのサプライチェーン管理(SCM)システムを導入し、サプライチェーンの回復力を高める施策を実施した。

 サプライチェーンの混乱を察知して対処するための施策を構築する際、Boseは次の5つの要素に注目した。1〜4番目の要素はサプライチェーンにおける混乱を察知することを重視する。一方で5番目の「危機管理」は対処を重視する。本稿は1〜4番目の要素を解説する。

  1. サイトマッピング
  2. 財務分析
  3. 社会的責任
  4. 事業継続計画
  5. 危機管理

サプライチェーンのトラブルを察知するための4要素

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...