2014年02月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

手元のAndroidを“業務仕様”に変えるAndroidで「Microsoft Office」を使える確実な方法

Android端末は、業務で使うには少々頼りない――こう考える企業は多いかもしれない。だが市場を見渡すと、十分かどうかはともかく、Androidを“業務仕様”に変える手段は充実しつつある。

[Sander van Vugt,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft Office | Android | Office 365 | Google | SAP


 Android搭載のスマートフォンやタブレットから日頃業務で利用しているアプリケーションを利用できるようにするのは、他のモバイル端末を業務インフラと連携させるのとは事情が異なる。それでも、適切な業務用のモバイルアプリをインストールすれば、Android端末を立派なビジネスツールに変えることができる。

 Androidスマートフォン/タブレットをビジネスアプリケーションと容易に統合できるかどうかは、どのアプリを採用するかによって変わってくる。会社で既に米Googleのアプリを使っていれば、話は簡単だ。Androidは、GmailやGoogle DriveといったGoogleのアプリと標準でデータ連係できるからだ。ただし、ドキュメントの作成や編集、スプレッドシートを使った計算処理など、一般的な事務作業に米Microsoftの「Microsoft Office」を使っている多くの企業にとって、Androidスマートフォン/タブレットの利用には多少苦労が伴う。

AndroidでMicrosoft Officeを使う

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。