「Microsoft 365」はOpenAIとのタッグで何が変わる?AIの力を手に入れたMicrosoftの戦略【後編】

Microsoftは自社のオフィススイート「Microsoft 365」にAI技術を組み込むことで、オフィス業務の生産性向上を支援しようとしている。具体的にどのような機能を提供するのか。

2023年05月16日 05時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 Microsoftは、AI(人工知能)ベンダーOpenAIの協力の下、AI技術を用いたオフィス業務支援に本格的に乗り出した。その取っ掛かりとして、同社は顧客企業向けに、大規模言語モデル(LLM)を搭載した業務支援ツール「Microsoft 365 Copilot」(以下、Copilot)の試験運用を開始した。

Microsoft 365 Copilotは何をしてくれるのか

 データおよびMicrosoft 365のアプリケーションとLLMを組み合わせることで、Copilotはユーザーの創造性、生産性、スキルの向上を支援する。「これらの組み合わせは、『ユーザーの言葉』を世界で最も強力なオフィススイートに変えることができる」。Microsoftのモダンワーク担当コーポレートバイスプレジデントを務めるジャレッド・スパタロウ氏はそう述べる。

 「Copilotは、ユーザー企業のビジネスの内容や場面に基づいて、適切かつ現実的な結果を提供する」とスパタロウ氏は説明する。同氏によるとCopilotは、「セキュリティおよびコンプライアンス、プライバシーを確保し、『責任あるAI』(倫理的ないし社会的な責任を持つAI技術)を実現する」というMicrosoftの信念に基づく、企業向けのツールだ。「Copilotは働き方を根本的に変えることになる、ITの新時代を示す存在だ」とスパタロウ氏は述べる。

 Microsoftの説明によると、Copilotはオフィススイート「Microsoft 365」が提供するアプリケーションでの作業において、以下を支援する。

  • 文書作成ツール「Microsoft Word」における文書の作成、編集、要約
  • プレゼンテーションツール「Microsoft PowerPoint」におけるプレゼンテーション作成
  • メールクライアント「Microsoft Outlook」における受信トレイの管理
  • ユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」における、リアルタイムな論点整理や次に実行すべきタスクの決定
  • ノーコード/ローコード開発ツール群「Microsoft Power Platform」内のツールにおける開発
    • ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」におけるアプリケーション開発
    • チャットbot作成ツール「Microsoft Power Virtual Agents」におけるダイアログ(チャットbotとユーザーのやりとりを定義したもの)の作成

 MicrosoftがOpenAIの技術を企業向け製品に組み込んだことは、企業が管理するデータを活用できるという点においてメリットとなる。つまり企業が管理するデータという信頼性のあるデータを参照できるようになる。インターネットに存在する不確かなデータは、LLMの誤回答の原因になりやすい。

 2023年1月、調査会社Wainhouse Researchのシニアアナリストであるショーン・スプラドリング氏は、あるブログエントリ(投稿)を執筆した。OpenAIのAIチャットbot(AI技術を活用したチャットbot)「ChatGPT」をオフィス業務で活用することに関する考察だ。スプラドリング氏はその中で次のように分析する。「Microsoftがデータとデータを成果物に変えるツールを持つことは、自社の製品やサービスをビジネスの成功に結び付け、顧客企業を囲い込むための素晴らしい方法だ」

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...