2015年10月13日 08時00分 公開
特集/連載

いよいよOffice 365 ProPlusを社内に、カスタマイズしてインストールする方法とは初めてのOffice 365(1/2 ページ)

「Office 365 ProPlus」を導入するとき、言語やインストールするアプリケーションなどをカスタマイズしたいと考えるIT管理者は少なくないだろう。そのカスタマイズ方法と注意点を紹介する。

[阿部直樹,著]

 「Office 365を導入するときにIT管理者が知るべき2つのポイント」で説明した通り、日本マイクロソフトのオフィススイート「Office 365 ProPlus」を従業員などのエンドユーザーが自らインストールする場合、利用可能な全てのMicrosoft Officeアプリケーションをインストールすることになります。そのため、使用しないOfficeアプリケーションをインストール対象から除くといったことはできませんでした。しかしながら、IT管理者が介在することでOfficeアプリケーションのインストール方法をカスタマイズすることができます。では、実際にどのようにすればよいのか。その方法と注意点を紹介します。

注1 Office 365 ProPlusは、Office 365の法人向け契約プランのうち、Microsoft Officeソフトウェアを中心とした最上位契約プラン「Office 365 ProPlus」に含まれる全ソフトウェア群のことを指します。このソフトウェア群は、「Office 365 Enterprise E3」といったOffice 365の法人向け上位プランに含まれており、一部の契約プランには含まれません。

インストールと更新管理

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。