2011年05月16日 09時00分 公開
特集/連載

「Office 365」で変わるExchange管理者の役割自分の将来を見ていないITマネジャーは駄目

Microsoft MVP受賞者たちは、「Office 365の登場でExchange管理者の役割が変わる」と口をそろえる。Office 365を管理するために、Exchange管理者はどう備えればいいのか。

[Matt Gervais,TechTarget]

 先進的なMicrosoft Exchange Server(以下、Exchange)管理者たちは、近く登場予定の「Microsoft Office 365」(以下、Office 365)に期待を寄せているが、その一方で、こういったサービスに否定的なスタンスをとる管理者たちは、自身のキャリアの将来を閉ざすことになるだろう。

 先ごろラスベガスで開催された「DevConnections」カンファレンスにおいて、Exchange分野のMicrosoft MVP受賞者であるトニー・レッドモンド氏は、「Exchange管理者としてしか自分の将来を見ていないITマネジャーは駄目だ。多くのExchange利用企業がホステッドメッセージングサービスの検討を始めようとしている」と述べた。レッドモンド氏によると、クラウドとOffice 365を受け入れ、これらについて勉強するExchange管理者が生き残れるという。

 Office 365はMicrosoft Officeデスクトップスイートと「SharePoint Online」「Exchange Online」「Lync Online」を1つのパッケージにバンドルした製品だ。Microsoftでは、年内にOffice 365のリリースを予定している。

 意欲と能力を持ち合わせているExchange管理者はOffice 365の管理者になれる。Office 365のサポートでは、バックアップとリカバリ、パッチ管理、ウイルススパムの防止といったサービスが提供されるが、メッセージングと記録の管理、送受信ルール、電子メールに含まれる免責条項、記録保持ポリシー、ロール管理などを担当する社内管理者は今後も必要とされる。

 では、Exchange管理者はOffice 365にどう備えればいいのだろうか。台湾のPlanet Technologiesでエンタープライズインフラアーキテクチャを担当するExchange MVPのマイク・クローリー氏は、Office 365 Technical Blogを定期的にチェックするようアドバイスしている。

 ITスタッフはOffice 365でユーザープロパティを修正するために、Windows PowerShell(以下、PowerShell)のリモート操作に精通する必要があるという専門家もいる。PowerShellコマンドを利用すれば、自社開発アプリケーションの移行も可能だ。クローリー氏は、DevConnectionsの別のセッションで、「PowerShellを使えばOffice 365への移行に向けてActive Directoryを準備できる」と指摘した。

 さらに同氏によると、カナダのResearch In Motion(RIM)製のスマートフォン、BlackBerryのユーザーを抱えている管理者にとっては、Office 365の登場は歓迎すべきことだという。同製品では、現在のBlackBerryユーザーに無償ライセンスが提供されるからだ。RIMもクラウドベースの「BlackBerry Enterprise Server(BES)」サービスを提供する予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。