2014年07月18日 20時00分 公開
特集/連載

徹底比較:iPad vs. Windowsタブレット――“Office信者”にベストな選択は?「Microsoft Office」といってもいろいろある

タブレットでMicrosoft Officeを使うなら、iPadとWindowsタブレットのどちらが適しているのだろうか。iPad版のOfficeと、Windowsタブレットで動かすクライアントPC版Officeを比較した。その結果を紹介しよう。

[Vince Font,TechTarget]

 米Microsoftが「Microsoft Office」製品の完全なスイートを「iPad」向けにリリースしたことは、タブレット用のオフィスソフト市場に大きなインパクトを与えた。「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」を仕事で使い慣れている人には、この「Microsoft Office for iPad」(以下、Office for iPad。国内で未提供)の登場はまさに朗報だった。Microsoftが、iOSユーザー向けに機能を必要最低限に絞った軽量版Officeを投入することはしなかっただけになおさらだ。

 実際、Office for iPadを使う方が、WindowsタブレットでPC版のOfficeを使うよりも快適な面もある。ただし、Office for iPadは完璧というわけではない。その機能をフルに活用するには、「Office 365」のサブスクリプションを購入しなければならない。また、生産性に関してはWindowsタブレットが威力を発揮する。

微妙な違いが多々

Microsoft Office for iPad《クリックで拡大》

 iPadとWindowsタブレットのどちらでOfficeを実行しても、実際の使い勝手は昼と夜ほど違うわけではない。使用するデバイスにかかわらず、ほとんど同じエクスペリエンスが得られる。

 例えば、リボンツールバーは画面上の同じスペースを占めており、基本的な機能も同じだ。Excelでは複雑な数式を作成でき、「OneDrive」によるクラウドバックアップは申し分なく機能し、コマンドは全て、名前の付け方が完全に統一されている。期待通りだ。

 だが詳しく見てみると、微妙な違いがあることに気付く。その違いは、どのデバイスを使っているかや、好みによって、操作性の若干の向上(または低下)につながる可能性がある。

 この微妙な違いと、それらがユーザーにどのような影響を与えるかを理解していただけるように、米TechTargetでは、iPad版のOfficeと、Windows OSがインストールされたWindowsタブレットで稼働するPC版のOfficeを比較した。その結果を紹介しよう。

Windowsとの混在環境でのiPad版Officeの利用に難

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...