「Office 365」をよりセキュアに、CitrixとMicrosoftの連係で変わる管理方法かゆいところに手が届く管理の実現へ

「Citrix XenMobile」は「Microsoft Intune」と連係する見込みだ。これにより、ユーザーはXenMobileで「Office Mobile」アプリを管理できるようになる。

2016年08月17日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
Citrix XenMobileの公式Webページ《クリックで拡大》

 今のところ、Microsoftのモバイル版オフィススイート「Office Mobileアプリケーション」を管理するには「Microsoft Intune」を使うしかない。Intuneは、Microsoftの「Enterprise Mobility Suite」(EMS)に含まれる。Citrix Systemsの「Citrix XenMobile」がIntuneと連係すれば、XenMobileはOffice Mobileアプリケーションとデータを管理できる最初のサードパーティー製エンタープライズモビリティ管理(EMM)プラットフォームになる。

 Citrixで製品管理を担当するラジブ・タオリ副社長は、「XenMobileの既存ユーザーが利用できる機能を拡張するとともに、より多くのユーザーにEMMプラットフォームを提供することが目的だ」と話す。

 CitrixとMicrosoftは、以前から協力関係にあった。Microsoftで働いていたキリル・タタリノフ氏がCitrixの新しい最高経営責任者(CEO)に就任したことで、両社の関係は一層緊密になった。2016年5月には、CitrixがMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」でOS「Windows 10」デスクトップを配信できるようにするなど、両社の製品間で幾つかの連係機能を追加した。

XenMobileによるOffice 365の管理

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...