「Office 365」をよりセキュアに、CitrixとMicrosoftの連係で変わる管理方法かゆいところに手が届く管理の実現へ

「Citrix XenMobile」は「Microsoft Intune」と連係する見込みだ。これにより、ユーザーはXenMobileで「Office Mobile」アプリを管理できるようになる。

2016年08月17日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
Citrix XenMobileの公式Webページ《クリックで拡大》

 今のところ、Microsoftのモバイル版オフィススイート「Office Mobileアプリケーション」を管理するには「Microsoft Intune」を使うしかない。Intuneは、Microsoftの「Enterprise Mobility Suite」(EMS)に含まれる。Citrix Systemsの「Citrix XenMobile」がIntuneと連係すれば、XenMobileはOffice Mobileアプリケーションとデータを管理できる最初のサードパーティー製エンタープライズモビリティ管理(EMM)プラットフォームになる。

 Citrixで製品管理を担当するラジブ・タオリ副社長は、「XenMobileの既存ユーザーが利用できる機能を拡張するとともに、より多くのユーザーにEMMプラットフォームを提供することが目的だ」と話す。

 CitrixとMicrosoftは、以前から協力関係にあった。Microsoftで働いていたキリル・タタリノフ氏がCitrixの新しい最高経営責任者(CEO)に就任したことで、両社の関係は一層緊密になった。2016年5月には、CitrixがMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」でOS「Windows 10」デスクトップを配信できるようにするなど、両社の製品間で幾つかの連係機能を追加した。

XenMobileによるOffice 365の管理

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...