2015年12月24日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone、Android、Windowsをどう管理? 2016年のEMM動向を探る統合とクラウドが企業向けモバイル管理でも重要に

2015年も企業のモバイル活用は拡大していった。この流れは2016年も変わらない。その波に乗り遅れないために注意すべき技術革新について確認しておこう。

[Craig Mathias,TechTarget]
モバイルは2016年も大きな進化を遂げる 業務の幅広い範囲に関わるようになったモバイルは2016年も大きな進化を遂げることになるだろう

 企業におけるモバイル管理は2015年も順調に進化しており、技術革新が停滞する兆しはない。モバイル管理は、シンプルなツールの不統一な寄せ集めから始まったが、メーカーやユーザー企業の戦略性というよりは、導入する企業や使うユーザーの必要性によって、モバイルデバイスのオフィス利用を実践する一般企業向けの基本的な機能に集約していった。

 現在、企業で利用しているモバイル管理ツールは、物理的なオフィスの枠を超えてIT関連の機能とサービスを拡張し、多種多彩なデバイスおよびネットワーク上で、幅広いユーザーにあらゆるITサービスを提供できるようになった。それ故に、エンタープライズモビリティ管理(EMM)は今や必要不可欠となり、モバイルを活用するあらゆる戦略の中心になっている。

 以上のようなモバイルにおける2015年の動向を踏まえた上で、2016年で重要になる“だろう”企業におけるEMMのトレンドを予想してみよう。


ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...