2018年08月21日 12時00分 公開
特集/連載

迫るWindows 10移行とOffice 2019 決断を迫られる検討ポイントは特選プレミアムコンテンツガイド

情報システム部門にとって決断の時が迫っている。既に状況は「移行するかしないか」ではなく「どのように移行するか」という段階だ。今、検討すべきポイントとは何だろうか。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Windows 10 | Office 365 | Microsoft Office


ダウンロードはこちら

 Windows 7の延長サポート終了まであとわずかとなった。情報システム部がひそかに「できるだけ先送りにしたい」と思っていたこの問題にも、いよいよ本格的に対処すべきタイミングが来た。

 幸いにもWindows 10の登場から少し時間がたち、さまざまな情報が情報メディアなどに集まっている。その中でも特に注目したいのは「Office 2019はWindows 10のみで使用できる」という情報だ。これまで「いかにWindows 10移行を成功させるか」が主な課題だったが、ここに来て「Officeのバージョンは何を採用するか」といった課題も新たに発生している。

 本稿では、TechTargetの人気記事より、今からWindows 10移行を検討する場合にまず決めておかなければならないポイントを紹介する。情報が多過ぎてうまく整理ができないといった担当者の助けになれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...