2018年08月03日 10時00分 公開
特集/連載

“脱メール”を実現するチームコラボツールの選び方、「Slack」「Teams」とは特選プレミアムコンテンツガイド

脱メールを実現し、チームコラボレーションを促進するツールは無数に存在するが、どういった基準で選べばよいのだろうか。重要なのは「ツールが従業員に嫌われないこと」だという。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ビジネススピードの変化や働き方の多様化が進み、メールのみでのコミュニケーションは限界に到達しつつある。ソフトウェアベンダーは脱メールを実現する、さまざまなコラボレーションツールを市場に投入し、優劣を競っている。

 無料で始められるサービスもあり、導入は簡単だ。しかし、企業文化として根付かなければ、やがて使われなくなってしまう。導入はしたけれども使われない、といった状況にならないようにIT担当者が気を付けるべき選定基準とは何だろうか。

 本稿では、従業員に好んで使ってもらうための選定基準を紹介する。コラボレーションツールのアプリケーションとしての選定ポイントや自社に適したツールの選び方をまとめた。製品選定の参考になれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...