2015年03月29日 09時00分 公開
特集/連載

「Office 2016」を先取りレビュー、タブレットユーザーに優しくなった?プレビュー版を徹底検証

次期Microsoft Office「Office 2016」プレビュー版が公開された。情報漏えい防止や検索機能など役立つ機能が増えたが、普及が進むタブレットでの使い勝手はどう変わるのか。

[Jamison Cush,TechTarget]

 米Microsoftのオフィススイートである「Microsoft Office」のチームは、残業続きではないだろうか。まず「iPad」版と「Android」タブレット版をリリースし、次に「Windows 10」向けのプレビュー版、「Office 2016 for Mac」のプレビュー版と続き、今度はWindowsデスクトップ版「Office 2016」のプレビュー版を公開した。ただし、その利用は条件付きだ。

Office 2016が使える条件

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...