2015年03月29日 09時00分 公開
特集/連載

「Office 2016」を先取りレビュー、タブレットユーザーに優しくなった?プレビュー版を徹底検証

次期Microsoft Office「Office 2016」プレビュー版が公開された。情報漏えい防止や検索機能など役立つ機能が増えたが、普及が進むタブレットでの使い勝手はどう変わるのか。

[Jamison Cush,TechTarget]

 米Microsoftのオフィススイートである「Microsoft Office」のチームは、残業続きではないだろうか。まず「iPad」版と「Android」タブレット版をリリースし、次に「Windows 10」向けのプレビュー版、「Office 2016 for Mac」のプレビュー版と続き、今度はWindowsデスクトップ版「Office 2016」のプレビュー版を公開した。ただし、その利用は条件付きだ。

Office 2016が使える条件

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。