2018年03月13日 10時40分 公開
特集/連載

「Office 2019」の試したくなる新機能とWindows 10“だけ”サポートする理由特選プレミアムコンテンツガイド

2018年後半にも登場する「Office 2019」にはどのような新機能が盛り込まれるのか。Windows 10しかサポートをしないといわれる注目スイート製品を解説する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftは、準備が整い次第、企業のデータをクラウドに移すことを推奨しているが、オンプレミスにデータを維持する企業も引き続きサポートする。

 オンプレミス版メッセージングサーバ「Exchange」の次期バージョンExchange 2019は、プレビュー開始を2018年半ば、正式リリースを2018年後半から2019年初めに予定している。従来のリリース日程の傾向通りなら2018年10月ごろになるだろう。「Office 2019」はプレビュー開始を2018年半ば、正式リリースを2018年後半に予定している。まだクラウドに移行する準備が整っていない企業を対象に、標準的なオフィスアプリケーション「Microsoft Word」「同Excel」「同PowerPoint」「同Outlook」を提供する。既に「Office 365 ProPlus」で提供している機能が組み込まれることになりそうだ。

 なおMicrosoftによるとOffice 2019では、「Windows 10」のみがサポート対象となるという。Windows 10への移行をためらっていたIT部門も、いよいよ今後を見据えた決断を迫られる。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...