2017年05月17日 08時00分 公開
特集/連載

標準OSになってこそ得られるメリットWindows 7を忘れられない人でも「Windows 10」をしぶしぶ認めざるを得ないのはなぜか

「Windows 7」の寿命が迫り、「Windows 10」への移行が秒読みに入った。デバイス管理や生体認証など、Windows 10の新機能を利用しない手はない。

[Jo Harder,TechTarget]
画像 Windows 7からWindows 10へ移行することで得られるメリットとは

 企業のIT部門ではよく「壊れていないものは(そしてまだサポート期間内のものは)直すな」といわれる。だがWindowsに限っては、そんなことを言って豊富なメリットを利用しないでいては、もったいない。

 「Windows 10」が本当の実力を発揮するのは、企業内の標準OSになってこそだ。個人利用においては、おおむね好意的な評価を受けているものの、企業では今も多くのデバイスが「Windows 7」を使っている。Windows 10には管理機能や制御機能の強化、ユーザーエクスペリエンスや安定性の向上など数々のメリットがある。

管理機能の強化とサポートの必要性の軽減

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。