2020年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

不動産サービス企業がOffice 365を遅くしないために「SD-WAN」を選んだ訳「クラウドファースト」と「M&A」を推進

「Office 365」などのクラウドサービスの利用拡大に伴い、不動産サービス企業のCushman & Wakefieldは「SD-WAN」でネットワークを再構築した。なぜSD-WANを採用し、どのような成果を得たのか。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Office 365 | SaaS | ネットワーク | Skype


 企業がクラウドサービスを利用する場合に注意しなければならない点は、ネットワークのトラフィックが増加することだ。各拠点からインターネット向けのトラフィックが特定のデータセンターに集中してボトルネックが発生するケースがある。不動産サービス大手のCushman & Wakefieldも、そうしたネットワークの課題に直面した。同社が解決策として導入した手段が「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)だ。

 SD-WANは業務アプリケーションのクラウド化を進める際、ネットワーク再構築の選択肢の一つになる。Cushman & WakefieldはなぜSD-WANを必要とし、どのような成果を創出したのか。どのような基準で製品選定を進めたのか。

ネットワークの複雑化とクラウドサービスの導入

 Cushman & WakefieldはM&A(統合・買収)による成長戦略を進め、2015年に同業のDTZと経営統合した。これを経て約70カ国400拠点に事業拠点を持つ体制となり、事業規模は拡大した。ただし、このことがネットワークを複雑にする弊害をもたらした。

画像 Cushman & Wakefieldのクリス・ブッチャー氏

 例えば経営統合の結果、複数のデータセンターが存在することになった。Cushman & Wakefieldでネットワークやセキュリティ分野のアーキテクトを務めるクリス・ブッチャー氏は「データセンター同士を接続しなければならなかった上、目的のデータセンターに接続するために別のデータセンターを経由しなければならない状況もあった」と説明する。

 業務アプリケーションのクラウド化を優先的に進める「クラウドファースト」戦略を採用していたことも、ネットワークに問題を発生させる要因だった。オフィススイート「Office 365」のようなSaaS(Software as a Service)への業務アプリケーションの移行、ユニファイドコミュニケーション製品「Skype for Business」への音声通話の移行などを進めており、トラフィックは増大していた。

 従来は各拠点からデータセンターのプロキシサーバを介してインターネットに接続するネットワーク構成だった。トラフィックが増えた結果としてデータセンターがボトルネックになり、SaaSなどのネットワーク経由で利用する業務アプリケーションは、そのままのネットワーク構成では正常な動作を維持することが難しくなっていた。

Office 365を遅くしないために必要だった要素

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...