VoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目災害など緊急時の対処手段は

PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。

2018年10月12日 05時00分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

関連キーワード

VoIP | IP電話 | ISDN | ネットワーク


画像

 通信インフラは銅線を使った回線の時代が終わりを迎えつつあり、デジタル化が進んでいる。これに合わせてVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスと、PSTN(公衆交換電話網)の電話サービス(POTS)の境界が曖昧になっている。しかし企業が電話サービスのデジタル化を評価する際に、POTSとIP電話サービスを比較する議論は依然として必要だ。

 IP電話サービスに移行するのかPOTSにとどまるのかを決めるには、この2つの電話サービスを成り立たせている技術を検証し、機能を比較する必要がある。

両技術の概要と比較のポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...