2018年10月12日 05時00分 公開
特集/連載

VoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目災害など緊急時の対処手段は

PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。

[Katherine Finnell,TechTarget]

関連キーワード

VoIP | IP電話 | ISDN | ネットワーク


画像

 通信インフラは銅線を使った回線の時代が終わりを迎えつつあり、デジタル化が進んでいる。これに合わせてVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスと、PSTN(公衆交換電話網)の電話サービス(POTS)の境界が曖昧になっている。しかし企業が電話サービスのデジタル化を評価する際に、POTSとIP電話サービスを比較する議論は依然として必要だ。

 IP電話サービスに移行するのかPOTSにとどまるのかを決めるには、この2つの電話サービスを成り立たせている技術を検証し、機能を比較する必要がある。

両技術の概要と比較のポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...