2018年10月12日 05時00分 公開
特集/連載

VoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目災害など緊急時の対処手段は

PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。

[Katherine Finnell,TechTarget]

関連キーワード

VoIP | IP電話 | ISDN | ネットワーク


画像

 通信インフラは銅線を使った回線の時代が終わりを迎えつつあり、デジタル化が進んでいる。これに合わせてVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスと、PSTN(公衆交換電話網)の電話サービス(POTS)の境界が曖昧になっている。しかし企業が電話サービスのデジタル化を評価する際に、POTSとIP電話サービスを比較する議論は依然として必要だ。

 IP電話サービスに移行するのかPOTSにとどまるのかを決めるには、この2つの電話サービスを成り立たせている技術を検証し、機能を比較する必要がある。

両技術の概要と比較のポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

3万円で始めるウェビナー 配信ツールをどう選ぶ?
まずはスモールスタートで。今回は、ウェビナーを実施するための体制や必要な環境につい...

news128.jpg

有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...