2018年10月12日 05時00分 公開
特集/連載

災害など緊急時の対処手段はVoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目

PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。

[Katherine Finnell,TechTarget]

関連キーワード

VoIP | IP電話 | ISDN | ネットワーク


画像

 通信インフラは銅線を使った回線の時代が終わりを迎えつつあり、デジタル化が進んでいる。これに合わせてVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスと、PSTN(公衆交換電話網)の電話サービス(POTS)の境界が曖昧になっている。しかし企業が電話サービスのデジタル化を評価する際に、POTSとIP電話サービスを比較する議論は依然として必要だ。

 IP電話サービスに移行するのかPOTSにとどまるのかを決めるには、この2つの電話サービスを成り立たせている技術を検証し、機能を比較する必要がある。

両技術の概要と比較のポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...