2017年02月03日 12時00分 公開
特集/連載

企業はISDNサービス終了に備えよ、IoT時代へ向けた8つのステップ日本では2020年度後半以降に終了(1/2 ページ)

ISDNは近い将来にサービスが終了することが明らかだ。企業は適切な代替技術を見つけ、IoT時代に向けて通信の信頼性と安全性を確保する必要がある。

[Karina Popova,TechTarget]

関連キーワード

ISDN | VoIP | IoT(Internet of Things)


ISDNに代わる選択肢《クリックで拡大》

 ISDNは近い将来にサービスが終了することが明らかになっており、適切な代わりの選択肢を今のうちに見つけておく必要がある。オールIPはかなりバランスの取れた代替技術だ。VoIP(Voice over IP)は電話業界では、安定した経済的な選択肢になる。だが、モバイル通信を検討すべき分野もある。その最たるものが、IoTデバイスが使用され、データ通信において信頼性と安全性が最も重視される分野だ(編注:日本でも2020年度後半以降にISDNのデータ通信サービス《INSネット ディジタル通信モード》が終了予定)。

ISDNとは

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...