2016年11月01日 12時00分 公開
特集/連載

5Gが普及をするとあの業界がIoTで得をする仕組みコネクテッドカーだけではない、その恩恵

第5世代移動通信システム(5G)は、転送速度、堅牢なセキュリティ、幅広い帯域幅といった面で、IoT(モノのインターネット)の普及に大きく貢献する……と、彼らが力説する“業界的”な理由があった。

[Sanjay Khatri,TechTarget]
Googleが進めている自動運転プロジェクトも5GとIoTの普及が前提となる

 第5世代移動通信システム(5G)は、インターネットの接続環境を現状から大きく拡大することで、現在開発が進んでいる多くの技術でその実用化を後押しする。いま、多くの関係者が5Gのメリットを訴求しているが、彼らがこのように5Gを宣伝するのには理由がある。それは、5Gの実用化によってサービスプロバイダーがIoT専用のネットワークを構築し、最終的にはIoT関連のアプリケーション導入を加速して、契約者の数を増やそうとしているからだ。

 ある予測によると、事業者が5G対応ネットワークを提供するようになれば、20億台以上のユニットがIoTによってインターネットに接続する。この状況が現実となるのは2020年という考えが大勢だが、もっと早いと示唆する専門家も少なくない。

 確かにIoTでは、転送速度から柔軟に設定できるデータ帯域幅など、5G対応ネットワークがもたらすメリットをすぐ享受できるようになる。その上で、5G対応ネットワーク到来の恩恵をすぐに得られる業界として、インターネットに接続できる“コネクテッドカー”が登場する「自動車」、“スマートシティー”の整備に携わる「建築土木」、そして所有車両を管理する「物流」が挙がっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...