TechTargetジャパン

製品資料
【企業向けIP電話】 .Phone IP Centrex のご紹介 〜VPN×VoIPで音声NWの最適解へ
拠点同士の通話を無料化して経費削減し、モバイルやボイスメールで業務効率化を実現する最先端のIP電話環境を紹介。キャリアセントレックスにも、ユーザー所有のIP-PBXによる自営セントレックスにも対応する。NTTコムの企業向けIP電話サービス『.Phone IP Centrex』は、大...(2007/1/18 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
無線LAN導入検討の実態調査――コスト削減からビジネスプロセスの革新ツールへ
 さまざまなモバイルデバイスをWi-Fiにつなぎ業務を行うことは、もはや日常的な風景となっている。モバイル利用が活発化することで、無線LANは従来の有線ネットワークの補完ではなく、ワークスタイルの変化に対応するための必須インフラに位置付けられるようになった。 ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
専用ストレージネットワークを検討すべき理由――業務への影響はどれほどか?
 モバイルデバイスのメッセージング、大量データを利用した分析作業、リッチコンテンツの配信・編集といった新しい仕組みの導入、データ暗号化など、逼迫(ひっぱく)気味のシステムネットワークに、新たなワークロードが日々追加されている。こうした状況から、IT部門で...(2016/8/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
ネットワークパフォーマンスの問題を解決する「5つのポイント」
 ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフ...(2016/6/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

製品資料
「業務アプリがなんだか遅い」を簡単に解明するパフォーマンス管理アプローチ
 アプリケーションの反応速度が遅い、ファイルのダウンロードがなかなか進まないなどの社内システムの問題はビジネスの遅延につながり、大きなリスクとなり得る。しかしシステムが複雑化するなかでIT部門は根本的な原因を明らかにできず、多少のパフォーマンス劣化ならば...(2015/12/15 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

事例
災害復旧エキスパートの3組織が提唱「すぐに始められる15項目の対策準備度チェックリスト」
 自然災害であれ、停電やハードウェア障害などのトラブルであれ、最も重要なことは迅速な復旧だ。そのためには、的確なバックアップやリカバリ、レプリケーションが可能な、よく練られた復旧計画が必要であり、災害復旧に関するエキスパートの知見を利用して、検討する時...(2015/11/17 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
「Windowsタブレット」はどこまで広がるのか? 企業の関心と最新動向を調査結果で示す
 業務の生産性向上などで当たり前になりつつあるスマートデバイスの社内利用。しかし、実際に導入しようとするとさまざまな問題が浮上する。TechTargetジャパンではスマートデバイスの業務利用に関する課題と解決策を探るため、読者調査を実施した。 調査で聞いたのはス...(2015/10/14 提供:株式会社 日本HP)

レポート
スマホが電話に早変わり、先進事例で分かる「ソフトフォン」のススメ
 スマートフォンやタブレットを業務で利用することは、もはや当たり前となっている。社内外で働く従業員が端末や場所に関係なく、1つの電話番号を使えれば大きなメリットがある。スマートフォンをまるでオフィスの電話のように使えるのだ。 実際、こうしたソリューショ...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
金融庁の監督指針に対応する通信監視ネットワーク基盤、構築の要点
 2015年6月における金融庁の監督指針の改訂・施行では、システムリスク管理対策が明文化された。これは昨今のシステム障害やセキュリティ関連事案の影響が一時的なものではなく、企業や組織の継続性に及ぶほど重大な事態であることを示している。これを受け、多くの金融...(2015/9/30 提供:ネットスカウトシステムズジャパン株式会社)

レポート
WAN高速化だけでは解消できないレイテンシ問題、IoT時代に向けて必要となる技術とは
 レイテンシとは、出発地点からリクエストが発信され、目的地へ到達するまでにかかる時間を指す。データセンターとエンドユーザーまでの距離が遠いほどレイテンシは長くなり、これが一般的に通信遅延の原因となる。企業にとって、世界中でERP、CRM、SCMといったアプリケ...(2015/8/31 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

技術文書
BYODのカギは「ネットワーク」、既存インフラ再構築のための段階的アプローチ
 現在の企業ネットワーク環境は、わずか数年前には想像もできなかった課題に直面している。企業は従業員に、より簡単かつ効率的に仕事をさせるために次々と無線デバイスを与えており、同時に従業員、パートナー、訪問者は、個人のスマートフォン、タブレット、またはノー...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

レポート
攻撃の55%は内部犯行? 内部犯行者による脅威はなぜ見落とされるのか
 最新報告『IBM X-Forceレポート2015年第2四半期版』によると、「内部犯行者による脅威」は他の攻撃タイプと比較して“最上位の脅威”に位置付けられている。また2014年に記録された攻撃のうち、45%は部外者が原因と判明した一方で、55%はシステムへの内部的アクセスが...(2015/7/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
INTEROP TOKYO 2015リポート(2):無線LANが、企業内LANのSDN化を推進する
 過去2、3年における企業LANに関する最大のトピックは、無線LAN市場の高い成長だ。調査会社IDCによると、世界の企業向け無線LAN市場は2013年に15%伸びた。2014年には成長が8.5%に鈍化したが、企業の社内において、PCなどの端末をLANケーブルに接続するケースは減ってき...(2015/8/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「コンサルタント料+技術サポート費用」という大きな負担から解放されたネットワーク監視ツール導入事例
 数百台のデバイスのリモートコントロールを含めた大規模ネットワークインフラの監視といったケースでは、ツール導入後もベンダーのコンサルティングや技術サポートが必要という考えが一般化している。実際、ネットワークのスペシャリストが社内にいない場合、万が一の備...(2015/8/3 提供:Ipswitch, Inc.)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「OpenID」「SAML」はどう違う? 「シングルサインオン(SSO)」完全ガイド【前編】
 ID/パスワードを書いた付せんをデスクトップPCのディスプレーに張る。幾つものWebサービスで共通のID/パスワードを使い回す――。SaaSを中心とするWebサービスの普及もあり、エンドユーザーが覚えるべきID/パスワードは増えている。こうした状況が、冒頭のような状況...(2015/6/3 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティのためのネットワーク
 情報技術やビジネスを変革する重要な力として、クラウド、ビッグデータとアナリティクス、モバイル、ソーシャル、ITセキュリティについては、多くのことが書かれてきた。 しかし、クラウドなどの新しいテクノロジーがネットワークに及ぼす影響、すなわちビジネス構想が...(2015/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
セキュリティとコンプライアンスの機能補完に着目、Microsoft Office 365活用のヒント
 IT資産の保守、運用コストの削減や業務の生産性向上の観点から、クラウド型のコミュニケーション、コラボレーションサービスとして、Microsoft Office 365を利用する企業は増えている。高い堅牢性を誇るサービスである一方で、コンテンツのアーカイブ機能の問題やパフォ...(2015/5/25 提供:株式会社シマンテック)

レポート
Microsoftのアプリケーションと利用環境のモニタリング最適化、10のヒント
 Microsoftのアプリケーションパフォーマンスの改善や、IIS、アプリケーションサーバ、Microsoft SQL Server、Active Directoryといったテクノロジーが複雑に絡んだコンポーネントのトラブルシューティング迅速化には、Microsoft製品を監視するモニタリングツールが欠か...(2015/5/14 提供:Ipswitch, Inc.)

レポート
86カ国、1467の金融機関の預金口座を狙う「トロイの木馬」。その正体を暴く
 Webインジェクションによるソーシャルエンジニアリングやマンインザブラウザ操作に依存した高度な「トロイの木馬」攻撃は、主に金銭詐取という具体的かつ直接的な動機によって実行される。このような金融機関への攻撃は、グローバルでみれば減少しつつあるが、アジア地...(2015/5/8 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
デスクトップ仮想化を成功させる、ハードウェア&シンクライアント選定
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の採用を検討している企業は、VDIプラットフォームを運用するハードウェアを選ぶ際に注意する必要がある。 仮想デスクトップのパフォーマンスは、使用するハードウェアのパフォーマンスに大きく左右される。VDIのパフォーマンスに関連...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

レポート
IoT時代のニーズを満たす、ネットワークを戦略的資産へと転換する「ハイブリッドWAN」とは?
 「ハイブリッドWAN」とは、スイッチング、ワイヤレスLAN、WAN最適化、セキュリティ、ネットワーク解析、音声など、さまざまなネットワークサービスを統合して運用管理するもので、サービス統合型ルータ(ISR)を活用して展開する。 従来のWANネットワークは、サービス...(2015/3/25 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
本当に必要なネットワーク監視ツールを見極める7つのポイント
 ネットワークの管理・運用コストは、企業規模を問わず問題視されている。複雑化したネットワークの安定運用のため、高性能な監視ツールは不可欠だが、多くの製品の曖昧な価格設定が課題となっている。IDGの調査によると、米国の大規模なネットワーク監視ツールのユーザ...(2015/2/17 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2015/1/15 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
クラウド利用のコンタクトセンターで顧客対応が変わる
 コンタクトセンターは顧客と企業との接点として重要な役割を担うようになった現在、顧客とコールセンターをシームレスにつなぐ「クラウド型」のコンタクトセンターは、これまでとは違った顧客対応が可能になる。 本資料では、通信キャリアの強みを生かしたクラウド型コ...(2014/12/26 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
SIEMを超えるセキュリティインテリジェンス。それはIBM Security QRadar SIEM
 複雑化する今日のネットワーク環境において、よりシンプルに、そしてより迅速なインシデント対応を可能にするIBMのセキュリティソリューション「IBM Security QRadar SIEM」。 QRadarファミリーコンポーネント間共通のデータベース、ダッシュボードの極めて直感的なイ...(2015/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading