「5G」は「4G」と比べてどこが進化しているのか?「5G」の期待と現実【前編】

「5G」は「4G」と比較して飛躍的に性能が向上すると期待されているが、企業のネットワークとして使うなら期待感だけで導入はできない。4Gとのどのような違いが、5Gの期待感を生み出しているのか。

2020年01月14日 10時05分 公開
[Michaela GossTechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


 新しい世代は常に古い世代を超え、古い世代が成し遂げ得なかった目標を達成し、古い世代が残した課題を克服するのが理想だ。セルラー(区画ごとに基地局を配置する移動体通信)の世界でも同じことが言える。「5G」(第5世代移動体通信システム)は、データ伝送速度やレイテンシ(遅延)、デバイスの接続密度などにおいて、「4G」(第4世代移動体通信システム)では達成できなかった目標を実現することを目指している。

 4Gが登場してから、ネットワーク分野でさまざまなトレンドが誕生した。モノのインターネット(IoT)が進歩し、スマートフォンが急激に普及し、オフィス外で仕事をするリモートワークが浸透した。こうしたトレンドは2010年代に大きく広がり、モバイルネットワークのデータ伝送速度やセル密度(1つの基地局に収容するデバイス数)を高める必要性が生じた。そうした中で登場した5Gは、4Gでは解消できない課題を解決することが期待されている。

 企業は5Gの波が本格的に到来する前に、5Gは4Gと何が違い、企業の事業活動にどのような影響を及ぼす可能性があるのかを見極める必要がある。

「5G」はなぜ「4G」よりも期待されているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。