2019年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

歯科支援企業が「SD-WAN」導入に踏み切った理由先行事例に見る「SD-WAN」の導入成果【後編】

ネットワークトラフィック増大に直面した歯科医院支援企業Pacific Dental Servicesが、解決策として注目したのが「SD-WAN」だった。同社はSD-WANで、この課題にどう対処したのか。

[Luke O'Neill,TechTarget]
画像

 中編「急成長のバイオテクノロジー企業が『SD-WAN』を必要とした理由」では、バイオテクノロジー企業のBioIVTが、「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)を導入して新しい事業所のネットワークを短期間で構築した事例を紹介した。後編はネットワークトラフィックの増加という事態にSD-WANの導入で対処した事例や、SD-WANを導入する際の注意点を紹介する。

 歯科医院向けの支援サービスを提供するPacific Dental Servicesは、ネットワーク老朽化の問題を抱えていた。カリフォルニア州アーバインを拠点とする同社は、スイッチング(トラフィックの中継・転送)技術のMPLS(マルチプロトコルレベルスイッチング)をベースとするネットワークを介して単一のデータセンターに接続するという、典型的なレガシーネットワークを運用していた。「ビジネスの成功のために、最新のネットワークを導入しなければならない時期に差し掛かっていた」。同社のインフラ部門でディレクターを務めるリッチ・ブラウンリー氏はそう語る。

 Pacific Dental Servicesはオンプレミスのデータセンターに見切りを付けて、クラウドへ移行した。そして同社が支援サービスを提供する歯科医院に、遠隔治療、ビデオ会議、3次元(3D)パノラマX線装置を導入した。これらの最新技術は申し分のない機能を備えていたが、ネットワークの通信容量をこれまでの4倍に増やす必要が生じた。このトラフィック増に対処するためにMPLSを増強するには、高額の費用が必要だった。ブラウンリー氏は「古いネットワークでは不十分だということに気付いた」と言う。

ネットワークトラフィック増にSD-WANで対処

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。