ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境特選プレミアムコンテンツガイド

「Skype for Business Online」が、音声ソフトウェアまたはPSTN(公衆交換電話網)を使って外部の固定電話と通信できるようなった。このことは企業にとってどのような意味があるのだろうか。

2017年01月13日 12時00分 公開
[TechTarget]
ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境

 2011年10月にMicrosoftはSkypeを買収した。これにより「Skype for Business」を同社の主要UC(ユニファイドコミュニケーション)製品にすることに成功した。そして「Skype for Business」は、オフィススイート「Office 365」と統合することで新機能を追加し、世界のあらゆる規模の企業に適した製品になりつつある。

 クラウド経由で提供される「Skype for Business Online」は、Skype以外の通信手段と音声ソフトウェアまたはPSTN(公衆交換電話網)を使って通信するためのサポートを開始した。この機能により、企業はオンプレミスのPBXと同様に、Skype for Business Onlineで通話の発着信が可能になった。これは、企業にとってどのような意味があるのだろうか。

 本稿では、Skype for Business Onlineが持つ機能の詳細と、PSTNをサポートし外部の音声通話と統合可能にする狙いについて解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...