2016年12月16日 12時00分 公開
特集/連載

「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法特選プレミアムコンテンツガイド

ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑さを増してきた。ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。

[TechTargetジャパン]
「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法

 企業のネットワークが複雑怪奇なモンスターになろうとしている。その規模は膨張し続け、接続するデバイスは数を増やし種類を増やし、仮想化やクラウドへの移行といった技術の進化によって、その姿が見えなくなっている。まさにモンスターそのものだ。

 そんなネットワークモンスターに人類は圧倒されつつある。ネットワークの全容を把握することは困難となり、トラブルが発生した原因も場所も特定が難しい。人間の目と手だけで見つけ出すのは不可能となりつつある。人類の能力を超えたネットワークによってITシステムが自壊する日も近いという予測もある。

 そんな複雑怪奇なネットワークを制御するために、「無線LAN分析」などの新しいネットワーク管理ツールと、従来とは異なる新世代のネットワーク検査ツールが登場している。この先、ネットワークがどのように進化しても、その制御は可能なのだろうか。その答えをTechTargetジャパンの記事で探ってみる。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。