2016年06月01日 15時00分 公開
特集/連載

「できるネットワーク管理者」になるための条件学歴と資格まで評価対象

ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。

[Ed Tittel,TechTarget]
ネットワークを制する者は社内を制する、とまではいわないが、かなり重要なポジションであることには間違いない

 ネットワーク管理者の仕事内容と責務は多岐にわたり、その企業がマネージドサービスプロバイダーを利用しているかどうかによっても異なる。一般的にネットワーク管理者の職務には次のようなものがある。

  • ネットワークの管理と保守およびネットワーク性能の監視
  • ネットワークに必要なアップグレードの判断とインストールと保守
  • トラブルシューティングと修復
  • ネットワークに対するユーザーアクセスの監視
  • ネットワークで発生した緊急事態に備えるバックアップとディザスタリカバリー(DR)計画の策定
  • 新しいアプリケーションやサービスを導入するために必要なネットワークインフラの計画
  • エンドユーザーにサポートを提供するスタッフの教育
  • ネットワーク機器およびインフラの購入と保守
  • 社内ネットワークにアクセスするモバイルデバイスの統合(会社支給デバイスと私物デバイス)

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...