2016年02月21日 07時00分 公開
特集/連載

評価が分かれるWindows 10のWi-Fiセンサーとの“暫定的”な付き合い方「友達の友達」に個人情報が知られてしまう?(1/2 ページ)

Windows 10の「Wi-Fiセンサー」は、ホットスポット共有を簡単にする機能だ。しかし、セキュリティリスクの可能性や実質的なメリット、他の共有方法と比べた安全性などに多くの専門家が疑問を呈している。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Wi-Fi | IEEE 802.11ac | 無線LAN


Windows 10で利用できる「Wi-Fiセンサー」の有用性とリスクについては今も結論が出ていない

 「Wi-Fiセンサー」はWindows 10で実装した機能だが、その評価は高くない。Wi-Fiセンサーではパブリック/プライベートWi-Fiホットスポットへのアクセスが簡単に共有できるほか、その過程で共有したホットスポットに自動的に接続できるようになる。Wi-Fiセンサーを無効にすることを推奨する専門家もいるが、企業にとって有用だと考える専門家もいる。なお、ユーザー認証にIEEE802.1Xを使用している企業内無線LANの場合、Wi-Fiセンサーではアクセス資格情報を共有できないので、気にする必要は全くない。

 Windows 10のWi-Fiセンサー使用に関連した攻撃、悪用、脆弱(ぜいじゃく)性などについて、まだ報告はないが、一部の専門家は問題が必ず発生すると確信している。それでもMicrosoftはWi-Fiセンサーを便利な機能としてアピールしている。ただ、一般ユーザーのみならずビジネスユーザーにもメリットがあるのは専門家も認めるところだ。

 このように支持と不支持が入り混じるWi-Fiセンサーについて、双方の意見を整理してみよう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...