2015年01月15日 12時00分 公開
特集/連載

「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか特選プレミアムコンテンツガイド

Windows などに隠れがちだが、実はUC 市場でも強い米Microsoft。2015年に「Microsoft Skype for Business」へと名称変更する「Microsoft Lync」の底力とは?

[TechTargetジャパン]
クリックでダウンロードページヘ

 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。

 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へと名称変更することが決まっている。コンシューマー向けに圧倒的な知名度を誇るブランドを掲げ、この勢いはまだまだ続きそうだ。UCにおけるMicrosoftの強みとは何なのか。TechTargetジャパンの過去の記事を再編集した本資料で見ていこう。


プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...