「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか特選プレミアムコンテンツガイド

Windows などに隠れがちだが、実はUC 市場でも強い米Microsoft。2015年に「Microsoft Skype for Business」へと名称変更する「Microsoft Lync」の底力とは?

2015年01月15日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
クリックでダウンロードページヘ

 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げた米Microsoft。米Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。

 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へと名称変更することが決まっている。コンシューマー向けに圧倒的な知名度を誇るブランドを掲げ、この勢いはまだまだ続きそうだ。UCにおけるMicrosoftの強みとは何なのか。TechTargetジャパンの過去の記事を再編集した本資料で見ていこう。


プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...