2020年12月04日 05時00分 公開
特集/連載

家電が消えても「会社の固定電話」が残る訳とは? 手放すメリットは?テレワーク主体の働き方ならなおさら

携帯電話に移行し「家電」を持たなくなった人は少なくない。一方で企業の間では、いまだに固定電話が現役だ。企業に固定電話が残り続けるのはなぜなのか。手放すことでどのようなメリットがあるのだろうか。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

 この数十年で日常生活の通信手段は激変したが、オフィスにそれほど大きな変化はない。ほとんどの企業は今もデスクの固定電話を使い続け、各従業員に直通の内線番号を割り当てている。今は従業員が音声通信をするためのサービスとして、固定電話よりももっと安くて実用的な手段が存在する。

固定電話がなくならない理由と、それでも手放すべき根拠

 消費者は携帯電話が登場するまで、アナログ回線による基本電話サービス(POTS:Plain Old Telephone Service)を音声通信の主な手段として使っていた。携帯電話が浸透すると、ほとんどの消費者はPOTSを使わなくなり、携帯電話のみの契約に切り替えた。携帯電話会社が低料金の通話無制限プランを提供するようになると、その傾向は一層強まった。

 「携帯電話サービスさえあればいい。POTSは余分」という見方が急速に広まる中で、通信手段を携帯電話に切り替えるのは合理的な考えだった。節約のために固定電話を廃止する一般家庭が次々に現れ、「家電話」の文化は事実上消滅した。

 一方で大企業も中堅・中小企業も、いまだに固定電話を使い続けている。それはなぜなのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...